平成28年度 東海大学医学部付属八王子病院 病院指標

平成28年度 東海大学医学部付属八王子病院 病院指標のご案内です

東海大学医学部付属八王子病院 >> 平成28年度 東海大学医学部付属八王子病院 病院指標

平成28年度 東海大学医学部付属八王子病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 954 284 288 443 931 1239 2463 3470 2055 244
当院はあらゆる疾患・病態に対応するため、各診療科とも専門の医療スタッフが従事し、万全の医療体制を敷いております。特にがん治療には力を注いでおり、手術をはじめ、放射線治療、化学療法、緩和医療などすべてのがん治療に対応できる診療体制を整えております。
外来での的確かつ迅速な診断とともに、内科と外科との密接な連携の下に計画的な入院治療を心がけています。
地域住民の救急医療に貢献するために、24時間、365日対応の二次救急体制をとっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2-なし 16 14.94 19.24 12.50% 72.94
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 15 13.73 21.25 26.67% 83.27
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2-2あり 34.89
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 11.97
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 15.29
総合内科では感染症治療および集中治療を中心に、診療科の特定できない症候群に幅広く対応しています。
発熱、浮腫(むくみ)、疼痛(頭痛、胸背部痛、腹痛、関節痛、筋肉痛)、リンパ節腫脹、全身倦怠感、体重減少などの炎症性疾患(感染症・リウマチ性疾患)、代謝性疾患、腫瘍性疾患の多様な症状から迅速で的確な診断を行い、治療方針を決定します。
専門科の高度な加療が必要な場合は適宜、転科を含めてコンサルトいたします。
一方、一般的な疾患(common disease)、健診で指摘された症状に対する精査加療のプライマリケア、多種の疾患を抱えているご高齢の患者さんの下気道・尿路感染症、水・電解質異常にも幅広く対応しています。
リウマチ科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2-なし 21 26.90 17.77 19.05% 50.95
070470xx99x2xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2-2あり 25.16
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 12.43
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2-なし 19.24
010111xxxxx0xx 遺伝性ニューロパチー 手術・処置等2-なし 13.33
関節リウマチをはじめとする膠原病、膠原病類縁疾患、その他の自己免疫性疾患を対象に診療を行っています。
外来では関節リウマチに関する診療を中心に行い、寛解を目標にメトトレキサートを始めとする疾患修飾性坑リウマチ剤や生物学的製剤の投与を行っています。
入院加療としては、全身性エリテマトーデスや多発性筋炎/皮膚筋炎、血管炎症候群などに対して副腎皮質ステロイド剤の投与や免疫抑制剤の併用を行っています。
リウマチ性疾患は多臓器が障害され得る全身性疾患であり、治療経過も長いため、重篤な臓器障害の場合や、周術期、妊娠/出産時などには他科と連携し診療を行います。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 89 6.29 6.02 0.00% 0.78
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 80 7.09 5.79 0.00% 4.28
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2-なし 80 4.59 5.50 1.25% 4.34
030270xxxxxxxx 上気道炎 74 2.59 4.83 0.00% 1.73
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2-なし 副傷病なし 61 7.70 6.42 0.00% 3.66
専門医が診療にあたることはもちろんですが、若い医師がお子さんの診療を行う際にも、専門医と同じような診療の質を保てるよう、若いスタッフに指導を行っています。
また、お母様方の不安なことや心配なことにも、お母様方の目線でお話しできるママさん医師もおり、地域のニーズにお応えできる小児科です。
かぜ・気管支炎・下痢などの感染症や喘息などのアレルギー性疾患、皮膚疾患など幅広く対応しています。予防接種外来、乳児健診も行っており、複雑な予防接種スケジュールの調整や、ちょっとしたお子さんの気になるところなどのご相談にも対応しています。
専門外来は常にゼイゼイしている赤ちゃんなどの診断治療を行う小児呼吸器外来、長引く尿潜血尿蛋白などの診断治療を行う小児腎外来、繰り返す痙攣や意識消失などてんかんの治療診断を行う小児神経外来、低身長、小陰茎、思春期早発、肥満などの診断治療を行う小児内分泌外来、長引く微熱、関節痛などを症状とした膠原病の診断治療を行う小児膠原病外来、アトピー性皮膚炎の治療を行う小児アトピー性外来を開設しています。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 177 8.04 9.82 0.00% 66.71
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 55 15.40 15.92 0.00% 68.15
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2-なし 44 16.77 17.65 2.27% 70.91
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 43 5.19 6.82 0.00% 58.00
060010xx99x30x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 41 7.78 20.92 0.00% 67.41
各分野の専門医・認定医も充実し、食道・胃・小腸・大腸・肝臓・胆道・膵臓など、良悪性問わず全ての消化器疾患の診療を行っています。また、各種ヘルニア、痔疾患、虫垂炎など一般外科領域の治療にも積極的に取り組んでおり、救急疾患に関しては、24時間365日体制で対応いたします。
EMR・ESDなどの内視鏡的治療の普及、化学療法の開発・進歩、重粒子線、陽子線、速中性子線などを含めた放射線治療の進歩もありますが、消化器がんの治療の中心は外科手術であることは変わりありません。
患者さんに対し、どのような治療法を選択すべきか、どうしたら患者さんの良い時間を長くできるかを1番に考え、スタッフ一丸となって全力を尽くしています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 61 34.30 27.63 70.49% 77.66
070343xx01x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2-1あり 53 29.11 26.69 16.98% 69.49
160690xx97xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) その他の手術あり 38 8.61 19.19 2.63% 80.45
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 34 5.56 5.49 0.00% 37.50
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 副傷病なし 28 6.89 5.86 0.00% 41.32
日本整形外科学会認定「整形外科専門医」が在籍し、脊椎・脊髄・上肢・下肢など各専門分野の医師が診療にあたっています。
頸椎から腰椎に至る脊椎・脊髄および脊椎外傷、手・肘関節を中心とした上肢、膝関節および股関節を中心とした下肢といった各専門家が疾患および外傷を問わず幅広く対応しています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1-なし 16 3.31 5.11 0.00% 50.75
080180xx99xxxx 母斑、母斑症 手術なし 12 2.00 3.26 0.00% 2.08
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 10 3.80 6.76 0.00% 25.60
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 5.80
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2-なし 3.44
顔面や体表の先天異常(唇裂口蓋裂などの口唇の異常、小耳症や副耳などの耳の異常、先天性眼瞼下垂など瞼の異常、合多指症など手足の異常など)、顔面の外傷や顔面骨折、下顎前突などの顎変形症、熱傷や傷跡とケロイド、皮膚腫瘍や皮膚悪性治療の外科的治療、先天性の母斑や血管腫などのレーザー治療、褥創や難治性潰瘍手術治療、乳がんなどの悪性腫瘍手術後の再建手術治療、陥入爪(巻爪)、腋臭症(わきが)、しみなどのレーザー治療など多岐にわたる治療を取り扱っています。
特にレーザー治療について、開院以来多くの患者さんの治療を手掛けており、当院の得意分野の一つといえます。先天性に分類される太田母斑(顔面の青あざ)や扁平母斑(茶あざ)、異所性蒙古斑(臀部以外の蒙古斑)はQスイッチルビーレーザーによる治療、赤あざ(単純性血管腫や苺状血管腫)はパルス色素レーザーによる治療を数多く行っています。
また、他科との協力も多く、乳腺外科の乳房切除に対する腹直筋筋皮弁などさまざまな科の再建術を協力して行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし 40 2.93 3.20 0.00% 61.65
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 手術・処置等2-なし 副傷病なし 31 7.13 10.24 0.00% 62.06
010070xx9910xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし 21 2.00 3.25 0.00% 68.43
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 21 24.52 19.35 38.10% 64.67
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 16 10.63 9.87 25.00% 80.19
八王子・多摩地区の脳卒中、脳腫瘍、さらに頭痛診療における地域医療の中核を担う大学病院として高度医療を行っています。我々の「24時間体制でMRIを行う救急体制による断らない迅速な対応」は、多くのかかりつけ医の皆さんに絶大な信頼を得ています。そのうち、脳動脈瘤・内頚動脈狭窄・能動静脈奇形などに対しては血管内治手術を積極的に行い、下垂体腫瘍・脳内出血、水頭症などに対しては低侵襲手術を目指した神経内視鏡手術を行うことにより手術成績は極めて良好です。さらに、日本頭痛学会認定研修教育施設として片頭痛から危ない頭痛まで、全国的にみても高度なレベルで治療をしています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2-なし 95 15.78 12.73 0.00% 71.85
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 63 4.86 12.35 0.00% 69.75
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-8あり 34 3.97 12.01 0.00% 70.26
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし 29 2.97 3.68 0.00% 71.00
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2-なし 副傷病なし 23 10.74 10.09 0.00% 29.22
肺、縦隔、胸壁、横隔膜などの胸部全般の外科的疾患を取り扱っています。
治療の中心は肺がん、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍などの腫瘍性病変に加えて、気胸などの外科的手術も行っています。
手術に際しては高度な胸腔鏡下術(VATS)により、低侵襲な手術を行っています。
化学療法、放射線療法、気管支鏡検査、CTガイド下生検に関しても各科との協力のもと行っています。
また、二次救急の範囲内における胸部外傷の治療も行っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 79 4.20 5.85 0.00% 70.99
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 28 3.36 3.34 0.00% 69.21
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 27 2.67 3.06 0.00% 71.52
050170xx03001x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-なし 副傷病あり 20 5.45 12.46 0.00% 74.75
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 15 23.87 24.70 0.00% 67.47
虚血性心疾患、心臓弁膜症、胸部・腹部大動脈瘤、不整脈、下肢動脈、静脈疾患に至る心臓・血管疾患の幅広い診療を行っています。
地域の医療施設や、循環器内科をはじめ診療各科と密接に連携し、総合病院の利点を生かして、外科治療の効果を最大限に発揮し、安全な医療を提供することを目指しています。
診療を行う疾患は動脈硬化による疾患が多く、様々な検査や手術を行う場合には、脳血管を含め全身の動脈硬化性疾患や肺疾患などの全身の検査を行うことをお勧めしています。年齢や検査結果、病状に応じた治療方針を患者さんと相談しながら行います。80歳を超えるご高齢の患者さんでも積極的に手術を行い、元気に生活できる、いわゆる健康寿命を延ばすことを考えております。
入院診療は循環器内科医師、麻酔科医師、放射線科医師、看護師、リハビリ訓練士、検査技師、臨床工学技士など関連するスタッフとチーム診療を行っています。早期に家庭復帰、職場復帰ができるように、特に心臓や大血管の手術後は専門スタッフによる心臓リハビリテーションプログラムを実践しています。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 41 3.00 3.29 0.00% 2.51
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 23 6.61 6.91 0.00% 10.26
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 19 5.37 5.60 0.00% 10.37
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 19 3.00 8.57 0.00% 3.21
11022xxx04xx0x 男性生殖器疾患 包茎手術 副傷病なし 3.63
小児外科疾患に多い鼠径ヘルニア、手術を要する急性疾患で最多の虫垂炎を中心に腹腔鏡下手術を積極的に取り入れ、子供にかかる負担をできるだけ軽減する手術を目指しています。その他、停留精巣・遊走精巣・包茎・陰のう水腫などの泌尿器疾患、臍ヘルニア、耳瘻孔、舌小帯短縮症、リンパ管腫、乳児痔瘻、卵巣膿腫、陰唇癒合など臓器にとらわれることなく幅広く対応しています。腸重積症、幽門狭窄、総胆管拡張症、神経芽腫など小児外科代表疾患はもとより、小児腹部外傷・熱傷・固形異物誤飲の診療にもあたります。
一方、内科的治療を要するような潰瘍性大腸炎やクローン病も当科で診療、ヒルシュスプルング病が紛れることのある小児便秘については専用枠(火・木曜日午後)を設け、漢方薬を加えた診療を行っています
当院小児外科では、外来でよく遭遇する小児疾患を主として、八王子で唯一小児外科入院加療のできる施設です。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 128 2.95 9.15 0.00% 71.46
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし 39 6.69 7.72 0.00% 70.23
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 33 2.64 2.91 0.00% 53.85
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 18 10.28 10.53 0.00% 57.72
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 14 2.64 15.58 0.00% 75.86
白内障、緑内障、網膜硝子体疾患を中心に診療を行っています。白内障手術では多焦点眼内レンズも高度先進医療として扱っています。
白内障は最新の技術、眼内レンズに対応した治療を行っています。先天異常、小児白内障、緑内障眼に対する手術、無硝子体眼に対する手術も行っています。
緑内障は病型や病期によって治療方法が異なる疾患です。それぞれのタイプに最も適した治療を選択し、薬物療法、レーザー治療、手術療法を行っています。
網膜硝子体疾患である糖尿病性網膜症、網膜剝離、黄斑円孔、黄斑上膜等、病態把握や治療効果判定には眼底三次元画像解析装置を積極的に使用しています。
眼外部・眼瞼疾患は当院形成外科、耳鼻咽喉科などと連携して治療にあたっています。
耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 42 5.83 7.47 0.00% 56.17
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 35 6.46 5.50 0.00% 36.09
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 34 11.18 8.12 0.00% 23.12
030428xxxxxxxx 突発性難聴 30 8.03 9.37 0.00% 54.20
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術あり 17 3.24 3.32 0.00% 6.00
耳・鼻・のどの比較的狭い領域を担当する診療科と考えられがちですが、実際は首から上で神経内科や脳神経外科が担当する脳と脊髄、眼科が担当する眼球、歯科が担当する歯・歯肉を除く頭部および頸部の広範囲にわたる領域を担当しています。
また、担当領域が広いということだけでなく、風邪や花粉症、鼻出血、中耳炎、めまいなど、どなたでも一度は経験したことのあるような疾患の診療から、聴力改善手術などの専門性の高い診療まで幅広い診療内容を特徴としています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 57 18.56 16.54 33.33% 70.07
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 30 8.63 7.12 10.00% 53.17
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 22 16.45 9.36 9.09% 46.14
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 20 19.15 19.35 40.00% 64.00
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 20 34.50 18.71 65.00% 77.25
脳、脊髄、末梢神経や筋肉痛などの疾患を対象とし、日常診療でも遭遇することが多い頭痛や認知症などの疾患から、パーキンソン病などの神経難病まで専門医が幅広く対応しております。
当院は救急医療体制も充実しており、特に、超急性期脳梗塞における血栓溶解療法、血管内治療による血栓除去術を脳神経外科と連携して行っています。
また、南多摩保健医療圏脳卒中医療連携事業を行っており、南多摩圏域における回復期リハビリテーション病院、療養施設やかかりつけ医などの医療機関と医療連携体制を構築し、急性期から在宅までの切れ目のない医療提供を推進しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 122 6.39 7.44 0.82% 73.99
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1-なし 副傷病なし 56 4.98 5.83 0.00% 59.50
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 47 14.34 11.72 0.00% 76.79
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 43 7.14 9.98 0.00% 74.19
110080xx97x00x 前立腺の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 42 4.83 6.24 2.38% 72.93
泌尿器科疾患は、悪性腫瘍、排尿障害、尿路結石、女性に認められる骨盤臓器脱、腎のう胞や腎盂尿管移行部狭窄症など先天的要因によるものなど多岐にわたりますが、当科ではあらゆる疾患に対応できる体制を整えています。
前立腺がん診療では、核磁気共鳴画像を使用した高精度前立腺生検(厚生労働省先進医療承認)をいち早く導入し、国内外で高い評価を得ています。また、腎細胞がん、腎盂尿管がん、副腎腫瘍、腎盂尿管移行部狭窄症、尿膜管遺残症などに対する腹腔鏡手術は多くの経験を有します。
2015年11月から、日本で初めて前立腺肥大に対する内視鏡治療に、Thuliumlaserを導入し、効果的で安全な手術が従来よりも短期入院で可能になりました。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 44 9.89 9.88 0.00% 35.32
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 22 9.91 9.77 0.00% 35.91
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2-なし 20.79
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし 12.29
120160xx01xxxx 妊娠高血圧症候群関連疾患 子宮破裂手術等 14.03
地域中核(2次・周産期)病院として、合併症妊娠やハイリスク妊娠の管理を行っています。妊婦さんにとって「満足度の高い妊娠・出産管理」「無理のない自然な形でのお産」「より安全なお産」を合言葉に、通常のローリスク妊娠も取り扱っております。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-5あり 副傷病なし 148 3.65 4.92 0.00% 60.13
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 74 5.07 6.42 0.00% 40.97
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 72 5.85 6.29 0.00% 44.07
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 65 3.38 5.12 0.00% 59.58
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 47 10.28 10.05 0.00% 45.15
婦人科腫瘍領域に関して、良性腫瘍や初期体癌の腹腔鏡下手術や開腹手術、悪性腫瘍開腹手術などを行っています。
そのほか、子宮頸部円錐切除術、子宮頸部蒸散術および子宮内膜ポリープ切除術も積極的に行っています。
女性の一生に携わり、質の高い生活のお手伝いをする婦人科診療を心がけ、安全性を担保した高度医療を実施してまいります。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 81 9.35 12.35 0.00% 73.38
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし 65 2.71 3.68 0.00% 69.28
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-8あり 55 7.07 12.01 0.00% 60.85
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2-なし 47 26.81 19.92 10.64% 73.53
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 28 23.11 14.83 14.29% 71.61
日本呼吸器学会をはじめとする各呼吸器系学会認定施設として、高度でかつ優しい医療を提供しています。
喘息・COPD(慢性閉塞性肺疾患)、間質性肺炎(肺線維症)、肺炎、肺がん、肺高血圧症など呼吸器疾患のほぼ全分野に対応可能です。
また、呼吸器外科との連携もスムーズですので手術を必要とする肺がん、気胸、膿胸などにも迅速に対応できます。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 289 3.68 4.71 0.00% 71.48
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 244 3.01 3.06 0.00% 68.77
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2-なし 172 4.74 5.51 0.00% 60.91
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 121 22.17 17.95 10.74% 77.02
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 60 8.65 13.02 1.67% 65.75
当診療科の主要な3本柱は
1)狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患の低侵襲治療、特に手首からの細い動脈からの冠動脈治療を提供し、負担軽減に努めています。またその診断においては冠動脈CTにより狭心症の疑われる症例に対して、低侵襲の検査を提供しています。
2)不整脈に対する薬物、非薬物療法、特に各種薬物治療抵抗性の不整脈に対して3次元マッピングシステムを用いたカテーテルアブレーションと心房細動に対する同治療も積極的に行い、将来発症する可能性のある脳梗塞などの血栓塞栓性の治療も積極的に行っています。
3)急性心筋梗塞後などの心不全に対するリハビリテーションで包括的に入院~退院後まで管理し、退院後のクオリテイーを維持するよう努力しています。
腎臓透析内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2-1あり 39 32.33 37.06 12.82% 70.08
180040xx01x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 手術・処置等2-なし 29 15.38 12.65 0.00% 67.66
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2-なし 27 21.07 22.67 0.00% 56.00
100230xx01xxxx 続発性副甲状腺機能亢進症 副甲状腺(上皮小体)腺腫過形成手術 25 9.80 12.61 4.00% 57.76
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 18 13.00 12.84 11.11% 57.44
当院には、腎臓が悪くなりはじめの患者さんから透析導入直前の患者さん、透析導入が遅れて生命に危険の及ぶ寸前の患者さん、透析を長く続けていてひどい合併症に苦しむ患者さんと様々なステージの患者さんが来院します。このような患者さんたちの痛みや苦しみを、そのステージに併せて治療していくのが我々の仕事です。蛋白尿血尿のみの軽度の腎疾患の診断から末期腎不全の血液透析、腹膜透析の導入、それによって引き起こされる合併症を診察しています。
合併症対策としては、シャントトラブルや骨病変、二次性副甲状腺機能亢進症などをはじめ、あらゆる内科的、外科的合併症を併発した透析患者さんについて関連各科と共に入院治療を行っており、南多摩地域における透析サテライトクリニックの患者さんに対する総合医療センターとしての役割を担っています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 17 2.88 7.52 0.00% 48.41
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 11 3.45 5.24 0.00% 65.55
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 10 7.50 12.43 10.00% 81.60
160400xx99x0xx 胸郭・横隔膜損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 9.25
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2-なし 4.19
2002年開院より二次救急医療機関として指定を受けています。
救命救急科ではすべての救急搬送患者さんの初期診療を救命救急科専門医が対応させていただきます。
また、各診療科専門医との協力体制も充実しており、循環器疾患、脳卒中、消化器疾患、外傷などの重篤な患者も積極的に受け入れています。
血液腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2-2あり 54 33.87 41.96 11.11% 62.61
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 50 12.10 16.83 2.00% 71.12
130030xx97x41x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2-4あり 副傷病あり 22 32.68 53.85 4.55% 61.77
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 17 19.47 34.90 0.00% 66.65
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 13 14.31 21.92 7.69% 77.54
血液腫瘍内科ではいわゆる「血液のがん」と呼ばれる造血器腫瘍の診療、およびその他の血液疾患の診療を行っています。
造血器腫瘍:急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病、成人T細胞白血病/リンパ腫、骨髄異形成症候群、骨髄増殖性腫瘍、悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫、非ホジキンリンパ腫)、多発性骨髄腫
その他の血液疾患:再生不良性貧血、溶血性貧血、血小板減少性紫斑病、血栓性血小板減性紫斑病、血液凝固異常症 など
造血器腫瘍の治療の中心は化学療法ですが、それに加えてリハビリテーション、緩和ケア、口腔ケアなどを積極的に行い、血液腫瘍内科医師、看護師に加えて多くの医療スタッフが協力して最善の治療を心がけています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2-なし 120 11.20 11.74 1.67% 74.88
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2-なし 副傷病なし 106 10.30 11.06 3.77% 71.39
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 39 14.28 13.50 10.26% 61.49
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2-なし 39 7.92 9.02 0.00% 74.64
060295xx99x0xx 慢性C型肝炎 手術なし 手術・処置等2-なし 32 2.78 10.58 0.00% 63.50
上部消化管、下部消化管、肝疾患、胆膵疾患など対象患者さんが多く、きわめて専門性の高い領域です。
内視鏡的外科手術(内視鏡的止血術、内視鏡的粘膜切除術、内視鏡的難膜下層剝離術、内視鏡的胆道ドレナージ術、内視鏡的採石・砕石術など)や、ラジオ波焼灼術あるいは化学療法などを用いて、内科でありながら外科的要素も多く含む診療をしています。また、消化器疾患は非代償性肝硬変、重症型膵炎、胆嚢炎、劇症肝炎、炎症性腸疾患などの全身管理を要する症例が多いため、科の枠を超えた総合的な診断・治療を行っています。
糖尿病代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 12 10.25 14.61 0.00% 62.58
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 11.48
100210xxxxxxxx 低血糖症 6.96
100071xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 12.20
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病あり 16.40
糖尿病に関しては、糖負荷試験による境界型糖尿病の診断から、血糖降下薬や強化インスリン療法導入による2型糖尿病の治療、さらに1型糖尿病に対する持続インスリン療法(CSⅡ)導入や24時間持続血糖測定(CGMS)による分析および治療へのフィードバックを積極的に行っています。
当院の特性上、併存疾患がある方が多く、その場合は他科との連携が必要になるため緊密な連携をとり、糖尿病のみならず高血圧症、脂質異常症、高尿酸血症など動脈硬化の進行因子のトータルコントロールを目指し、細小血管症外や大血管障害の発症・進行を抑制することを目指しています。
入院治療は血糖降下のみならず、普段の生活を振り返ることで退院後の生活につなげることに主眼をおいた糖尿病教育入院を心がけており、糖尿病専門医、看護師(認定看護師および療養指導士)・管理栄養士・薬剤師・検査技師・運動療法士がそれぞれの領域を活かしたチーム医療を行っています。
各疾患においては、詳しい検査から治療までを外来と入院の連携をとって行うのはもちろんのこと、外来・入院ともに患者さんの教育に力をいれており、慢性疾患に対する二次・三次予防を重視した治療を行っています。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2-なし 42 3.95 6.59 0.00% 57.71
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2-なし 31 10.84 10.30 0.00% 60.45
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2-なし 15 13.13 11.57 0.00% 60.47
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2-なし 12 4.08 9.27 0.00% 54.92
090010xx99x00x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 9.39
当科は、乳腺疾患と甲状腺疾患を専門に治療しています。
近年、増加傾向の著しい乳がんに対して、低侵襲な精密検査と診断・手術・薬物療法・放射線治療・緩和療法まで患者さんの希望に沿った標準的治療を提供します。乳腺疾患の診断は、マンモグラフィ・超音波・造影超音波・マンモトーム生検装置・CT・MRIなどの画像診断機器を有しています。初診時、可能な限り当日に画像検査と組織検査を行い、迅速に診断をお伝えすることを心がけています。
乳房温存術、センチネルリンパ節生検がスムーズに行える環境を整えており、低侵襲化へ加速する外科治療への対応も十分です。また、乳房切除を選択した場合は、形成外科との連携により、乳房再建(自家の腹直皮弁を用いた再建、もしくは人工乳房による再建)を積極的に同日に行っております。さらに放射線治療科とも連携し、先進的な治療装置の導入により乳房温存術後の残存乳房や再発部位(局所、骨、脳)への照射を行っています。
また、集学化と個別化、低侵襲化を考慮した標準的治療を実践しながら、大学病院であるメリットを生かし、関連各科との連携システムを整えています。また、東海大学では再発乳がん症例に対する薬物療法の分野において国内で先駆的な立場にあり、伊勢原の東海大学病院と連携を取り、新薬の臨床研究、治療なども積極的に行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 38 29 26 14 87 1 7
大腸癌 26 27 36 14 102 1 7
乳癌 11 12 79 1 7
肺癌 73 12 51 90 229 147 1 7
肝癌 89 80 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 25 11.12 51.96
中等症 31 20.13 82.13
重症 95 15.73 76.65
超重症 18 19.39 81.78
不明 169 16.24 74.55
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 10 6.70 70.90 0.00%
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 216 24.05 73.63 39.13%
その他 14 14.86 77.79 1.74%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他 45 5.18 72.69 0.00%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 87 1.08 3.46 0.00% 59.17
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 57 2.86 13.86 1.75% 67.89
K6335 鼠径ヘルニア手術 50 2.02 2.74 2.00% 70.28
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 43 1.21 1.74 2.33% 68.47
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 28 1.46 2.54 0.00% 65.54
各種ヘルニア、痔疾患、虫垂炎など一般外科領域の治療にも積極的に取り組んでおり、救急疾患に関しては、24時間365日体制で対応いたします。
食道では早期がん(粘膜癌)に対しては内視鏡治療を積極的に行うとともに、粘膜下層がんから進行がんに対しては頚胸腹部三領域リンパ節郭精を伴う外科的根治術を試行し完治を目指しています。
胃では早期がんに対して内視鏡的治療も積極的に行っています。また、内視鏡治療が困難な早期がんや漿膜浸潤のない進行がんに対しては、低侵襲性の完全腹腔鏡下手術を行っています。さらに進行したがんでは開腹手術を行い根治性と安全性を得られるように努めています。
大腸では早期がん、腺腫などEMRを積極的に行っています。手術適応例は完全腹腔鏡下や腹腔鏡下補助下手術など、ほぼ全ての症例を腹腔鏡下で行っています。また、下部直腸がんに対しては排尿機能の温存はもとより、根治性を保ちつつ可及的に肛門機能を温存する手術を心がけています。
肝胆膵では、膵臓がんに対して膵頭十二指腸切除術や膵体尾部切除術を行います。膵低悪性腫瘍および肝細胞がんに対しては可能な限り腹腔鏡下手術を行います。胆石症は基本的に全例腹腔鏡下手術を行います。癒着が少ない胆石症に対しては単孔式腹腔鏡手術を積極的に行います。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 66 4.29 23.74 16.67% 66.82
K142-4 経皮的椎体形成術 44 1.68 6.48 2.27% 80.20
K0461 骨折観血的手術 (肩甲骨、上腕、大腿)(上腕)(大腿) 40 4.55 24.45 52.50% 68.65
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕)(下腿) 30 1.23 1.87 0.00% 45.17
K0821 人工関節置換術 (肩、股、膝)(股)(膝) 28 1.50 27.46 7.14% 71.71
脊椎脊髄では腰部脊椎管狭窄症、腰部椎間板ヘルニア、すべり症などの腰椎変性疾患、側弯症などの脊椎変形、脊髄腫瘍、頸椎症や後縦靭帯骨化症よる頚部脊椎症に対し最先端のインステュルメンテーショング技術や、3DCT画像に基づくナビゲーションシステム、脳脊髄モニタリングの使用により合理的な神経徐圧、確実な骨癒合を目指しています。また、骨粗鬆性椎体骨折(圧迫骨折)に対して、低侵襲手術である経皮的椎体形成術(BKP)を積極的に行い、日常生活動作維持に努めています。
膝関節では前十字靱帯損傷に対する半月様筋腱を用いた解剖学的再建術、半月板損傷、離断性骨軟骨炎、膝蓋大腿関節亜脱臼、変形性関節症やリウマチに対する人工関節置換術、膝周囲の外傷に対する手術を実施しています。
手・肘関節では肘からの手指の骨・関節、末梢神経を含む軟部組織の外傷・疾患、変形性関節症やリウマチに対する人工関節置換術、関節固定術を実施しています。
股関節では骨折、変形性股関節症、大腿骨頭壊死、関節リウマチに対する人工関節置換、関節固定術を実施しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1781 脳血管内手術(1箇所) 39 1.10 7.08 2.56% 59.56
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 35 0.03 10.94 25.71% 78.11
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 22 4.41 27.55 4.55% 63.00
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 18 0.67 20.67 5.56% 63.94
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 16 1.00 4.06 0.00% 74.75
脳動脈瘤・内頚動脈狭窄・能動静脈奇形などに対しては血管内治手術を積極的に行い、下垂体腫瘍・脳内出血、水頭症などにたいしては低侵襲手術を目指した神経内視鏡手術を行うことにより手術成績は極めて良好です。
近年の年間総手術件数は300例(脳血管内手術:70~80例)を超え、疾患別の手術件数は脳動脈瘤:60~70例、脳内出血:30~35例、内頸動脈狭窄に対する内膜剝離およびステント術:20~30例、脳動静脈奇形の塞栓術:12~17例、脳腫瘍:35~45例と年々手術症例は増加しています。また脳腫瘍に対する定位放射線治療も行っています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 50 4.54 11.54 0.00% 70.92
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 25 5.44 5.04 0.00% 32.88
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 24 3.75 7.75 0.00% 72.63
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) 15 3.47 6.93 0.00% 63.07
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 12 4.42 5.33 0.00% 72.00
肺がん、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、自然気胸、良性肺腫瘍、急性膿胸などに対する手術、外科的処置を行っています。その他、診断未確定のびまん性肺疾患に対する胸腔鏡下肺生検、縦隔リンパ節腫脹に対する胸腔鏡下リンパ生検、胸膜腫瘍や原因不明の胸水貯留に対する胸腔鏡下胸膜生検など診断目的の手術も行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 119 0.77 3.39 0.84% 71.22
K617-2 大伏在静脈抜去術 23 1.13 1.17 0.00% 67.78
K5551 弁置換術(1弁) 14 7.57 23.64 0.00% 70.07
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 12 8.92 21.58 8.33 63.75
K5607 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(その他のもの) 12 2.42 16.83 0.00% 72.83
虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞、虚血性心筋症)では冠動脈バイパス術、左室形成術
心臓弁膜症:弁形成術(自己温存弁)、人工弁置換術
不整脈:メイズ手術、心臓ペースメーカー
大血管疾患(胸部・腹部大動脈瘤):人工血管置換術、ステントグラフ内挿術
閉塞性動脈硬化症:カテーテル治療、バイパス手術
心部静脈血栓、肺塞栓症:血栓溶解療法、下肢静脈フイルター留置、血栓除去術
下肢静脈瘤:ストリッピング手術、硬化療法
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 50 1.00 1.04 0.00% 1.68
K836 停留精巣固定術 41 1.00 1.00 0.00% 2.51
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 28 1.00 1.00 0.00% 5.96
K6333 臍ヘルニア手術 18 1.00 1.00 0.00% 3.39
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 18 1.00 3.56 0.00% 10.56
小児外科疾患で最も多い鼠径ヘルニア、手術を要する急性疾患で最多の虫垂炎を中心に腹腔鏡下手術を積極的に取り入れ、子供にかかる負担をできるだけ軽減する手術を目指しています。その他、停留精巣・遊走精巣・包茎・陰のう水腫などの泌尿器疾患、臍ヘルニア、耳瘻孔、舌小帯短縮症、リンパ管腫、乳児痔瘻、卵巣膿腫、陰唇癒合など臓器にとらわれることなく幅広く対応しています。
腸重積症、幽門狭窄、総胆管拡張症、神経芽腫など小児外科代表疾患はもとより、小児腹部外傷・熱傷・固形異物誤飲の診療にもあたります。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 505 0.13 1.03 0.00% 74.65
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 129 0.82 1.06 0.00% 72.35
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 81 0.94 5.94 0.00% 69.19
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズ挿入) 19 0.63 1.16 0.00% 56.89
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他)
白内障では最新の技術、眼内レンズに対応した治療を行っています。先天異常、小児白内障、緑内障眼に対する手術、無硝子体眼に対する手術も行っています。
緑内障は病型や病期によって治療方法が異なる疾患です。それぞれのタイプに最も適した治療を選択し、薬物療法、レーザー治療、手術療法を行っています。
網膜硝子体疾患では糖尿病性網膜症、網膜剝離、黄斑円孔、黄斑上膜等の病態把握や治療効果判定に眼底三次元画像解析装置を積極的に使用しています。
眼外部・眼瞼疾患は当院形成外科、耳鼻咽喉科などと連携して治療にあたっています。
耳鼻いんこう科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 40 1.00 9.13 0.00% 19.63
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 34 0.97 4.03 0.00% 58.06
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 18 2.06 1.17 0.00% 10.56
K319 鼓室形成手術 12 1.25 6.00 8.33% 50.42
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 12 0.58 5.08 0.00% 34.75
声帯ポリープ、声帯結節、ポリープ様声帯、声帯腫瘍、声帯麻痺の喉頭疾患に対する手術治療も行っています。
改善が難しい副鼻腔炎や副鼻腔腫胞、副鼻腔真菌症に対しては鼻腔から内視鏡を挿入し、モニターを見ながら手術を行う内視鏡下副鼻腔手術(ESS)を積極的に実施しています。これは鼻副鼻腔疾患に対し鼻内内視鏡、副鼻腔CT・MRIを使用し、多角的に診断・治療を行う方法です。アレルギー性鼻炎に対してはレーザー焼灼術、鼻中隔湾曲症に対しては矯正術、鼻茸に対しては鼻茸摘出術などの各種手術も行っています。
慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎などの難聴を認める疾患に対しては鼓室形成術等の手術治療を行い、聴力改善を目指します。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 11 1.09 24.00 54.55% 73.00
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの
K654 内視鏡的消化管止血術
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術
当院は救急医療体制も充実しており、特に、超急性期脳梗塞における血栓溶解療法、血管内治療による血栓除去術を脳神経外科と連携して行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 124 1.64 3.83 0.81% 74.69
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 62 1.02 8.74 4.84% 73.56
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 53 1.26 2.74 0.00% 59.51
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 51 1.14 5.02 0.00% 73.98
K007-2 経皮的放射線治療用金属マーカー留置術 32 0.19 1.00 0.00% 73.31
前立腺がん:当科が独自に開始した高精度前立腺生検(厚生労働省先進医療承認技術) により、前立腺がんの状態を正確に把握し、無治療経過観察(PSA監視療法)、手術療法、放射線療法、がん部分治療(局所療法)など、個々の患者さんに合った治療選択肢を提供しています。当院では強度変調放射線治療や高密度焦点式超音波療法を用いた治療が実施可能です。
腎細胞がん・腎盂、尿管腫瘍:豊富な経験を活かし、積極的に腹腔鏡手術による低侵襲治療を行っています。
膀胱がん:早期がんの患者さんには、短期入院で経尿道的内視鏡手術を行っています。局所進行がんの患者さんには患者さんの状態に合せて、外科的治療(膀胱全域)や温存治療(動注化学療法および放射線治療)を行っています。
精巣がん:診断後、速やかに手術ができる体制が整っています。必要に応じて、化学療法も迅速に開始します。
前立腺肥大症:薬物治療や経尿道的内視鏡を行っています。従来から、低侵襲手術が可能な経尿道的前立腺切除システム(TURisシステム)に加え。前立腺肥大症に対する内視鏡治療にThulium laserを導入し、効果的で、安全な手術が従来よりも短期入院で可能になりました。
腎結石、尿管結石、および膀胱結石症に対して、経尿道的尿管結石破砕術(軟性尿管鏡、レーザーを使用)や体外衝撃波結石破砕術を積極的に行っています。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 53 2.32 8.00 0.00% 35.55
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 20 2.10 7.95 0.00% 35.95
K9091 流産手術(妊娠11週まで)
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹)
K8721 子宮筋腫摘出(核出)術(腹式)
地域中核(2次・周産期)病院として、合併症妊娠やハイリスク妊娠の管理を行っています。妊婦さんにとって「満足度の高い妊娠・出産管理」「無理のない自然な形でのお産」「より安全なお産」を合言葉に、通常のローリスク妊娠も取り扱っております。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 79 0.96 3.09 0.00% 41.15
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 61 0.98 4.00 0.00% 46.02
K877 子宮全摘術 49 1.18 7.98 0.00% 51.04
K867 子宮頸部(腟部)切除術 37 1.00 1.00 0.00% 41.08
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 20 1.00 4.00 0.00% 39.50
婦人科腫瘍領域に関して、良性腫瘍や初期体癌の腹腔鏡下手術や開腹手術、悪性腫瘍開腹手術などを行っています。
そのほか、子宮頸部円錐切除術、子宮頸部場蒸散術および子宮内膜ポリープ切除術も積極的に行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 181 1.87 2.10 0.55% 71.15
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 133 1.24 2.39 0.75% 63.12
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 78 1.36 4.74 1.28% 73.04
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 42 2.79 1.83 0.00% 53.88
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 37 0.03 12.92 5.41% 69.51
狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患の低侵襲治療、特に手首からの細い動脈からの冠動脈治療を提供し、負担軽減に努めています。またその診断においては冠動脈CTにより狭心症の疑われる症例に対して、低侵襲の検査を提供しています。
不整脈に対する薬物、非薬物療法、特に各種薬物治療抵抗性の不整脈に対して3次元マッピングシステムを用いたカテーテルアブレーションと心房細動に対する同治療も積極的に行い、将来発症する可能性のある脳梗塞などの血栓塞栓性の治療も積極的に行っています。
腎臓透析内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 73 7.63 13.01 5.48% 68.86
K4642 副甲状腺(上皮小体)腺腫過形成手術 副甲状腺(上皮小体)全摘術(一部筋肉移植) 22 2.00 7.00 4.55% 59.95
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 13 7.23 22.15 0.00% 62.31
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈)
K6072 血管結紮術(その他)
シャントトラブルや骨病変、二次性副甲状腺機能亢進症などをはじめ、あらゆる内科的、外科的合併症を併発した透析患者さんについて関連各科と共に入院治療を行っています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 226 1.05 1.25 0.00% 67.05
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 114 1.11 8.97 1.75% 74.54
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 75 1.59 10.63 5.33% 74.55
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 38 1.08 1.39 0.00% 66.95
K654 内視鏡的消化管止血術 38 0.18 10.55 5.26% 68.26
内視鏡的外科手術(内視鏡的止血術、内視鏡的粘膜切除術、内視鏡的難膜下層剝離術、内視鏡的胆道ドレナージ術、内視鏡的採石・砕石術など)や、ラジオ波焼術あるいは化学療法などを用いて、内科でありながら外科的要素も多く含む診療をしています。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 42 0.98 1.98 0.00% 57.71
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 32 1.00 9.34 0.00% 60.84
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 11 1.00 11.91 0.00% 61.55
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除)
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ)
当科の手術実績はおよそ5割が切除術±再建術で、残りが温存術となっています。一般的な統計からは切除術が多いと思われますが、術式に関しては標準術式を提示のうえ、患者さんと十分相談して決定しています。
乳房温存術、センチネルリンパ節生検がスムーズに行える環境を整えており、低侵襲化へ加速する外科治療への対応も十分です。また、乳房切除を選択した場合は、形成外科との連携により、乳房再建(自家の腹直皮弁を用いた再建、もしくは人工乳房による再建)を積極的に同日に行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 37 0.30%
異なる 31 0.25%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 102 0.82%
異なる
更新履歴

 
 

ページトップ