総長・病院長挨拶

総長あいさつ

学校法人東海大学総長 松前達郎

学校法人東海大学総長
松前 達郎

東海大学医学部付属病院は、1975年神奈川県伊勢原市に開院以来、地域に根ざした大学病院としての役割を果たすため、高度な診断と治療、心温まる医療サービスの提供に努めるとともに、「名医より良医を育てる」をモットーに、人間性豊かな医療と看護を実践できる人材を育成する医学教育病院としての機能を果たしてまいりました。その一方、超高齢社会の到来、医科学の飛躍的な進歩、医療保険制度改革への対応など、大学病院を取り巻く環境も大きく変わりつつあり、本学におきましても21世紀を担う新しい大学病院づくりを構想しておりましたところ、八王子市並びに市民の皆さまの大きな期待を受け、それに応えるべく、伊勢原、大磯、東京に続く本学4番目の医学部付属病院として八王子病院を開院する運びとなりました。

学園の創立者・松前重義は、人間の生命を扱う医学や医療は、総合的な科学の成果の上に成り立つものであり、総合大学においてこそ、その神髄を発揮できるとして1974年に医学部を、そして翌年、医学部付属病院を開設いたしました。21世紀の医療には高機能、高品位、高効率と人間性豊かな医療サービスの提供が期待されており、また、生命科学の発達が遺伝子レベルで生命の神秘を解明しつつあるなど、医療に携わる者には高い倫理観と人間性が求められております。それだけに、創立者が医学部付属病院に託したヒューマニズムと科学の調和という理念を、豊かに実践していくことが本院の大きな使命と確信するものであります。

また、当病院は地域における市民のための病院であります。医療情報の共有・交換、在宅患者さんへの対応や急性期疾患への対策など市民の皆さまと地域医療機関、本院が三位一体で連携することにより成果をあげることができるものであります。とりわけ電子カルテの導入など最新のIT(情報技術)システムにより、将来は地域医療機関と医療情報を共有するなど、新しい地域医療連携サービスの実現にも努力してまいります。そして何よりも、医療の安全と患者さんおよびご家族の方が安心して利用できる新しい大学病院のモデルを目指して地域社会に貢献してまいりたいと存じます。

病院長あいさつ


病院長
循環器内科学教授
小林 義典

2018年4月1日より渡邉勲史先生の後任として病院長に就任いたしました。これまでに7年間副院長を務めてまいりましたが、この間に培った経験をもとに地域医療に貢献すべく当院を発展させていきたいと考えています。東海大学医学部付属八王子病院は人口58万人を擁する八王子市の中核病院の一つです。2002年に開設し早16年が経過しました。お蔭さまで外来、入院を含めて患者さんの数が年々増加しております。八王子のみならず近隣を含めて地域医療における当院の責務は重くなる一方だと実感しています。

 当院には現在30科の診療科があり、それぞれが最先端の専門的診療に取り組んでいます。上限病床数は500床であり、高度急性期医療を提供するためにICU/CCUやHCUを兼ね備えています。各科にはそれぞれ得意とする検査、治療法があり、その中でも低侵襲外科手術、食道癌手術、血管内治療、消化器内視鏡治療、脳卒中治療、各種リハビリテーション、不整脈治療は名声を博しております。また当院は東京都がん診療連携拠点病院に認定されており、がん診療におけるほぼあらゆる検査、治療が可能です。今後はさらに国のがん診療連携拠点病院の獲得を目指して診療の充実を図ります。

 地域医療施設との連携においては、患者支援センターが中心となり紹介患者さんの円滑な外来診療への導入、入院、有効で安全な治療の実施、さらに退院支援など急性期病院としての役割を果たすべく機能的なシステムを構築しております。またいくつかの病院と相互ラウンドなどを通じて、入退院の円滑化に努めております。今後はこの体制をさらに強化して、地域医療支援病院として貢献できるように鋭意努力してまいります。

 さて当院の基本方針の中にヒューマニティーあふれる医療、患者・家族に納得のいく医療を提供するという文言があります。現在の病院機能評価では患者中心の医療を行うことが重要課題として最初に掲げられており、当院でもこの理念に沿った診療を心掛けております。これからも当院を選んで良かったと実感していただけますように、病院スタッフが一丸となり心温まる医療を提供していきたいと考えております。今後とも変わらぬご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。