市民公開講座

院内開催 市民公開講座

現在、開催の予定はございません。

八王子学園都市大学いちょう塾(愛称:いちょう塾)

八王子学園都市大学は、八王子市民だけでなく18歳以上の方であれば、だれでも学ぶことができる市民のための公開講座です。 下記のとおり、当院の医師が講座を担当します。
ぜひ、ご参加ください。

日時 2018年4月7日(土)
13:30~15:00
医師名 山口 公一 教授
診療科 小児科
会場 八王子市学園都市センターイベントホール
タイトル

こどものアレルギーとアレルギーマーチ

~アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、ぜん息、花粉症~

内容

アレルギーマーチとは「アレルギー体質を有する者において、原因(抗原)と発現臓器(疾患)と発症時期を異にしながら気管支喘息やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患が次から次へと出現してくる現象」です。この概念によってアレルギー疾患の治療とともに発症や予防への関心が高まり、アトピー性皮膚炎や食物アレルギー、ぜん息などの発症の予防について様々な工夫が行われています。治療については対症療法の進歩とともに根本的な治療法であるアレルゲン免疫療法については既に100年前から様々な工夫がなされておりますが、一般診療として行われているのはまだ一部です。こどものアレルギーについての最近の話題を交えてお話しさせていただきます。

 

日時 2018年7月28日(土)
13:30~15:00
医師名 益田 律子 教授
診療科 麻酔科
会場 八王子市学園都市センターイベントホール
タイトル

痛みの基礎知識 ~危険な痛みの見分け方・鎮痛薬の選び方~

内容

痛みは、生命や健康に重大な異変を知らせる警告信号となる場合もあり、一方、本来の病気が治癒しても痛みの症状がいつまでも長く残ることがあります。本講座では,痛みはどのようにして発生するのか,生理的に発生する痛みと病的な状態で発生する痛み,臓器ごとの痛みの特徴などについて解説します.特に,警告信号としての痛みにはどのようなものがあり,どのような対処法があるかについて最近の知見をもとに市民の皆様にお伝えします.つぎに,警告信号とならない代表的な痛みである慢性痛について,近年解明されてきた病態,新規鎮痛薬の作用機序と選び方,薬物療法以外の痛みとの付き合い方について解説します.がん性痛について,市民の皆様に知っておいていただきたい知識をお伝えする予定です.