防災対策

防火防災対策 -患者様や来院の皆さまの安全安心のために-

東海大学医学部付属八王子病院は、地震や火災が発生した場合に備え、患者様や来院の皆さまの安全を最優先とする様々な対策を講じています。

1 建物の安全

病院棟は震度7のような大きな地震が来ても揺れを減らすができる免震構造となっています。また、病院全体が耐火構造で壁や天井も不燃材料で造られ、スプリンクラーなどの消防用設備も常に点検・維持管理を行っています。

免震措置

2 人の安全

病院にはいくつもの避難階段や防火扉があり、火災や地震が起きた場合の患者様や来院の皆さまの安全確認や避難誘導のための防災訓練を全ての病院職員が行っています。万が一、災害が発生した場合は、病院の非常放送や近くの職員の指示に従ってください。

総合防災訓練
総合防災訓練

3 東京都の災害拠点病院として

大規模災害発生時に病院機能が失われないようにライフラインの確保、非常食・医薬品の備蓄を行っています。また、大規模地震発生時には、行政機関や他の医療機関等と連携して重症患者の命を救うため東京都災害拠点病院として緊急医療活動を行いますので、ご理解とご協力をお願い致します。

ライフライン確保の例

八王子病院では、災害等により停電になっても、非常用発電機で24時間必要な電気を発電して医療機能を停止させません。