腎内分泌代謝内科

診療科のご案内

診療科目のご案内

腎内分泌代謝内科の診療方針や診療内容のご案内です

東海大学医学部付属八王子病院 >> 診療科目のご案内 >> 腎内分泌代謝内科 >> 診療科のご案内

診療科のご案内

東海大学医学部付属八王子病院 腎透析・糖尿病代謝内科(腎・透析/糖・代謝科)においては、腎疾患、代謝疾患、糖尿病、生活習慣病等の幅広い領域を担当しています。

腎疾患に関しては、軽度の腎疾患の診断から末期腎不全の血液透析、腹膜透析それによって引き起こされる合併症までを行っております。合併症対策としては、シャントトラブルや骨病変、二次性副甲状腺機能亢進症などをはじめ、あらゆる内科的、外科的合併症を併発した透析患者さんについて関連各科と共に入院治療をおこなっており、南多摩地域における透析サテライトクリニックの患者さんに対する総合医療センターとしての役割を担っています。

糖尿病に関しては、糖負荷試験による境界型糖尿病の診断から、血糖降下薬や強化インスリン療法導入による2型糖尿病の治療、さらに1型糖尿病に対する持続インスリン注入療法(CSII)導入や24時間持続血糖測定(CGMS)による分析および治療へのフィードバックを積極的に行っております。当院の特性上、併存疾患がある方が多く、その場合は他科との連携が必要になるため緊密な連携を取り、糖尿病のみならず高血圧症、脂質異常症、高尿酸血症など動脈硬化の進行因子のトータルなコントロールを目指し、細小血管障害や大血管障害の発症・進行を抑制することを目指しております。入院治療は、血糖降下のみならず普段の生活を振り返って頂くことで退院後の生活につなげることを主眼においた糖尿病教育入院を心がけており、糖尿病専門医、看護師(認定看護師および療養指導士)・管理栄養士・薬剤師・検査技師・運動療法士が、それぞれの領域を活かしたチーム医療を行っています。

各疾患においては、詳しい検査から治療までを外来と入院の連携をとって行うのはもちろんのこと、入院・外来ともに患者さんの教育に力を入れており慢性疾患に対する二次・三次予防を重視した治療を行っています。

診療受付時間のご案内
月~金曜日8:00~11:00、土曜日(第2・4・5週のみ診療)8:00~11:00
ページトップ