「ポンカン」

2016年4月1日

 

旬の食材 「ポンカン」

ミカン科に属する柑橘類で原産はインドです。インドのポーナという都市が名前の由来とされています。日本では愛媛、鹿児島、高知などが主な産地となっており、1月~3月頃市場に出回ります。
他の柑橘類に比べて酸味が少なく、甘みが強いのが特徴で、独特の香りを持っています。
外皮はごわごわとした感触ですが、実と外皮の間に隙間があるため、手で簡単に剥くことができます。

栄養のお話

ポンカン約1個(可食部100g)の栄養成分

エネルギー
(kcal)
たんぱく質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
ビタミンC
(mg)
40 0.9 0.1 9.9 40

見分け方

  • 外皮の色が濃く張りがあり、持ったときに重みのあるものがよいでしょう。
  • へたの部分が小さいものは、甘みが強い傾向があるため、お勧めです。
  • 大きすぎるものは大味のものが多いため避けましょう。

調理方法

    • 手で簡単に剥くことが出来るため、薄皮ごと食べるのがおすすめです。
    • へたの部分が小さいものは、甘みが強い傾向があるため、お勧めです。
    • 粒が大きく比較的崩れにくいため、薄皮を剥いたものはゼリーやケーキなどのトッピングにも向いています。

保存方法

    • むき出しの状態では水分が蒸発し、しなびてしまうため、ポリ袋に入れるか新聞紙に包んで保存しましょう。
    • 温かい部屋に長時間置いておくと味がぼやけてしまうため、冷暗所に保存するようにしましょう。

→ 菜彩レシピ 「ぽんかんミルクゼリー」