看護部

2020年度新人看護師の皆様へのお知らせ

 

ご挨拶

新型コロナウイルス感染症対策とともに 『対象者の価値観と期待に応じたチーム医療を推進する』


看護部長
伊藤 由美子

2020年は新型コロナウイルス感染症対応から始まりました。

図らずも、今年はナイチンゲール生誕200年を迎える年です。「ナイチンゲール覚書」に触れ、看護の原点を再認知しています。世界中を襲う見えないウイルスにより、昨年までの日常が大きく変化しています。同時に、病院も変化に対応しそれに適応しながら仕事を進めている今日この頃ですが、当院看護部の4つの基本方針は変わりません。
基本方針の1つは『専門職として自ら学習し、実践した看護に責任を持つ』2020年度は大きく2つの課題を設定しました。愛の看護の実践者としてキャリア志向を持つ看護職者の育成です。5年前より取り組み始めました《八王子病院版看護の基本となるもの》の第4版を反映した実践看護をすべての看護者が意識を持って行ない実践した看護に責任を持つことです。年度末の「グッドケアを語る会」が楽しみです。もう一つは、昨年度より継続課題として風通しの良い、明るい職場環境の実現です。情報共有、意見具申の土壌づくりが進んでいます。ハラスメント0組織でアサーティブコミュニケーションを推進のために《チーム・ステップ》を看護部から医療安全委員会に提言し、取り組みを始めたいと案を練っています。
そして、昨年度から新たにスタートいたしました4病院の《TNCDP》を浸透し個々の看護職一人ひとりの自己概念の育成を進めていきます。
基本方針2つ目は『成長する病院の仕組みを創造する』では、看護提供システムの標準化を進めています。特に、各勤務の始業前情報収集を円滑に行えるよう検討を進めています。同時に早い出勤時間を禁止、始業10分よりを徹底し適切な労務管理を推進します。
八王子地区の「地域と協働したPFMの確立」を地域病院のみなさんの協力の下、進めていきたいと考えています。
3つ目は『対象者の価値観と期待に応じたチーム医療を推進する』ナイチンゲール生誕200年を意識し、ナイチンゲールの培った看護を引き継ぎ看護の真の力で対象者に向き合い看護をしていきましょう。新型コロナウイルス感染症封じ込みに対応するとともに急性期医療に対応する本来の看護を両輪で取り組む事が必要と考えます。そして、5つ(医療安全・感染防止・褥瘡対策・職員の安全対策・災害防災対策)の安全管理体制の徹底は不変です。
4つ目は、財務の視点です。『収支バランスのとれた病院運営に貢献する』4月以降新型コロナ感染症の影響で本来の機能ができない状況が続いていましたが、6月より新型コロナ感染症対策と両輪ですすめるべく出口戦略を進めています。DPCの効率的活用、重症度看護必要度の観測、入退院管理をはじめ2020年度診療報酬改定による夜間補助体制加算100︰1等が取得できるよう看護補助者の勤務体制を整備していきます。一方、医療費の抑制においても目標値を達成できるよう看護部全員で取り組んでいきたいと思います。
すべての皆さんとともに対象の価値観と期待に応じたチーム医療を推進し、2020年の課題に取り組んでいきたいと思います。

 

看護部概要

 

  • 理念

    理念

  • 教育計画

    キャリア開発と教育

  • 勤務体制と看護方式

    勤務体制と看護方式

  • 病棟紹介

    病棟紹介

  • 先輩からのメッセージ

    先輩からのメッセージ

  • GOOD CAFÉを語る会

    GOOD CAREを語る会

  • 専門・認定看護師

    専門・認定看護師

  • 看護部採用情報

    看護部採用情報