理念

看護部の理念 「愛の看護」

東海大学医学部付属八王子病院は、東海大学の4番目の病院として2002年3月に開院しました。 東海大学の建学の精神は「ヒューマニズムと科学の調和」です。この精神を看護の現場では「愛の看護」を理念として、患者さん・家族へ「安心・安楽」「技術」「思いやりの心」「自己決定支援」を大切にして看護を行っています。

それをナーシングスピリッツ in HACHIOJI として表しました。

このナーシングスピリッツが実践できる看護師を「目指す看護師像」として表し、一人一人の看護師の目標として掲げています。

看護師像

  • 看護実践を通して学び続ける人(看護師)
    (知識・技術の向上、安全安楽の提供)
  • 看護に自信と誇りを持てる人(看護師)
    (専門職としての自覚 職業意識)
  • 自分で目標を立て、達成するために主体的に行動する人(看護師)
    (自律・自立)
  • 患者・家族・働く仲間を大切にする人(看護師)
    (理解と調和・チーム医療 思いやりの心 人権を守る)