理念・方針・患者さんの権利

東海大学医学部付属八王子病院の理念と基本方針

理念

「理解と調和」の精神と「リスクマネジメント」
に基づいた患者中心の心温まる医療

基本方針

  • ヒューマニティーあふれる医療を提供します。
  • 患者・家族との納得のいく医療を提供します。
  • 職種間の協力に基づいた医療を実践します。

患者さんの権利

東海大学医学部付属八王子病院の「患者権利」についてリスボン宣言を採択し、患者さんを主体とした次のような医療を提供します。

  • 人間としての尊厳を守ります、また、一切の差別なく平等な医療を行います。
  • 治療の効果や危険性に関する情報を提供し、ご意見を尊重したうえで最善の治療を行います。
  • 常に安全な医療を心がけ、その対策に取り組みます。
  • ご自身の病気について、お求めに応じて情報を提供します。
  • プライバシーを尊重し、個人情報の機密を守ります。
  • 健康についての教育活動を推進します。
  • ご自身の信仰に基づいてお求めになる、宗教的な支援を受けられるように努めます。
  • 患者の参加と協力を得て信頼関係を築き、ご病気の克服を目指します。

患者さんへのお願い

医療は患者さんと医療者間の信頼に基づいた契約行為です。診療にあたり下記の事項につきお願い申し上げます。

  • 患者さんご自身の病状、症状等について真実を正直にお申し出ください。乳幼児のときは保護者が、また救急搬送等の意識障害のある方は、同伴者がお申し出ください。
  • 医療に関して医療従事者の説明や指示が十分に理解・納得できない場合には、その旨をお申し出ください。ご理解いただけるよう再度お話申し上げます。
  • 当院は大学病院であり、教育や研究機能を持つ病院であることにご理解とご協力をお願いします。
  • 法令ならびに病院の規則や指示をお守りください。大声・暴力などの迷惑行為があった場合には、診療をお断りしたり、警察へ通報することもあります。
  • 受けた医療に対して当院が請求した医療費は遅滞なくお支払いください。

医師並びに職員の過重労働軽減に関するお願い

 現在、病院に勤務する医師並びに職員の長時間労働による健康被害が問題視されており、国としても「働き方改革実行計画」において、長時間労働の実態を踏まえた労働環境の改善に向けた検討が行われております。

 長時間労働につながる可能性のある一因として指摘されているのに就業時間以外に実施している患者さん・ご家族の皆さんに対する病態や治療等の説明があります。

 そこで当院におきましてもさらなる労働環境の改善を図るという観点から、患者さん・ご家族の皆さんに対する病状説明の時間帯を設定することにいたしました。可能な限り遵守いただきますようご協力のほどお願い申し上げます。もちろん緊急の場合はこの限りではありません。

 これからも病院として果たすべき役割・機能を強化し、地域の中核病院として安全・安心で良質な医療提供に取り組んで参りますので、何卒ご理解ご協力いただきますようお願い申し上げます。

 ● 医師並びに職員からの説明時間帯

      ・平 日:8:00~16:30

      ・土曜日:8:00~14:30(第2・4・5週のみ)

      ※緊急時の病状説明など、やむを得ない事情がある場合には、

       医師と相談のうえ、説明時間帯を調整させていただきます。