先輩の声

2020年度採用

東海大学医学部付属八王子病院は総合医局なので、研修医の居室はほとんど全ての診療科の先生方と同室です。ローテーションしている科はもちろん、そうでない科の先生方とも接する機会が多く、困ったことがあった際に相談しやすい環境なので、安心して研修に集中できます。また、実際に研修を始めてみて、多職種の方も気さくに声をかけてくださることが多く、わからないことが多い研修生活の中でとても助かっています。このような病院全体の雰囲気の良さも、八王子病院ならではの魅力だと思います。
同期の研修医は3人と少人数ではありますが、少人数であるからこそ手技の取り合いも少なく上級医を独り占めできるため、充実した指導を受けることができます。
同期や先輩方も八王子病院の魅力について沢山発信しています。
興味がありましたら是非見学に足を運んでいただければと思います。

 

良くも悪くも私は周りを見て自分の意見を決めるところがあります。しかし、研修を始めるにあたり、周りに合わせて研修先を決めることはやめにしようと決心し、マッチングを色々と調べました。
将来自分がやりたい働き方を考えたときに、「3次救急に来るような専門性の高い疾患より、2次救急にくるようなありふれた疾患をしっかりと診たい」と思いました。
そして、「同期が少ないほうが自分の意見をまとめやすいかも」と考えているうちに、クリクラで回った八王子病院を思い出しました。お日様の光が入り込む明るいロビーとパンの香り、研修医や学生が少ないからこそしっかり指導してもらえた環境、市中病院ではあまりかなわない科の幅広さ。自由な環境で、自分の将来をしっかり考えながら歩んでいけるのでは?そうして現在働いている八王子病院は、毎日、充実さと自分の成長を感じられる場所です。
是非、見学に来て八王子病院の雰囲気を感じてみてください。

 

私が東海大学八王子病院を選んだ理由は大きく2つあります。
1つ目は病院全体の雰囲気がとても良かったことです。院内ですれ違うほとんどのスタッフと毎日挨拶を交わします。そのため先生方はもちろんのことコメディカルの方々にも質問や相談をしやすいです。また総合医局なのでどの診療科の先生方にも気軽に質問ができ、分からないことをそのままにせず、理解を深めることができます。
2つ目は研修医の人数が少ないからこそ様々な経験ができるのではないかと考えたからです。実際に働き始めて、月に1度ある救急当直ではファーストタッチさせてもらい、病棟では中心静脈カテーテル留置や腰椎穿刺など毎日何らかの手技を行っています。また検査結果を確認して薬を処方したり、検査を追加したりと自分で判断して動くことも多く、考える力も少しずつ身についてきたと思います。診療科によっては本院での研修も可能なので大学病院でしか見ることができない高度な診療も経験することができます。これは他の市中病院にはあまりない非常に魅力的な点だと思います。
研修生活が半年ほど経ちましたが、想像していた以上に楽しく、とても充実した毎日を過ごしています。少しでも興味がある方は、是非一度見学に来て当院の魅力を実際に感じてみてください!