入退院センター

入退院センター

入退院センター長
座光寺 秀典 
(泌尿器科 教授)

入退院センターは外来通院から入院準備、入院治療、退院準備、そして退院後の外来通院という患者さんの一連の流れをサポートする部署です。具体的には入院前の各種指導(術前注意事項、生活管理、服薬管理)、退院前の療養環境整備や転院支援、各種社会資源の活用等があげられます。この支援をシステム化したものがPFM(ペーシェント・フロー・マネージメント)といわれるもので、おおまかには入退院管理を集中的に行い、より効率的な病棟運用を図るものです。そのなかには患者さんの身体的、社会的、経済的、精神的背景を把握し、一人一人により適切な医療を提供するシステムも含まれます。患者さんの治療時期を縦軸に、患者さんに関わる様々な問題を横軸に捉え、各部門、スタッフ間の連携はもとより家族や地域のつながりをより緊密にすることで、よりよい医療を提供できるように努めて参ります。なお、現在当院でのPFM導入は周術期患者やクリニカルパス患者に限定運用されておりますが、今後すべての患者さんでPFM管理が出来るように鋭意努力する所存です。