病理診断科

    ご挨拶

    みなさんこんにちは。2012年7月1日より東海大学医学部付属八王子病院 病理診断科 医長に着任しました田尻琢磨です。医長を拝命し心がけたことがあります。それは素早い病理診断と対応です。早期診断が臨床医の患者さんに対する早期のインフォームドコンセントに繋がり、同時に早期治療計画のStepにもなり患者さんとの信頼関係も深まることになります。そしてその誠意が臨床医と患者さん、さらには病理医の良好な関係を築くことだけでなく病院にとっても患者さんへの対応の能率化により、医療経済的な観点からも良好になります。つまりWIN-WINの関係になりうるからです。病理診断科の基本的スタンスはその方向性です。とは申しましても時には大学病院ですので難解症例も稀ならずあり慎重に診断しなければいけない場合もあります。その際は臨床の先生方をはじめ患者さんも含めてご理解、ご協力のほどお願い申し上げます。
    当科の特徴は、病理診断科が手術室真横に隣接されている関係で外科系の先生との交流が多いことです。お茶飲みがてら診断について聞きに来られる先生もいらっしゃいます(大歓迎です)。また、同時に病理に対する期待も大きく同じ腫瘍学に携わっていく同志として責任の重さも痛感しています。いつまでも変わらぬご指導の程よろしくお願い申し上げます。

    診療内容

    みなさんこんにちは、東海大学医学部付属八王子病院病理診断科のHomepageにようこそ!病理診断科 医長の田尻琢磨です。”病理診断科”という名前を聞いて皆さんは何を想像しますか?

    病理診断とはさまざまな理由により患者さんから採取された検体を主に顕微鏡を駆使して形態学的に診断を行っている科です。癌をはじめとした腫瘍に関しては最終診断を担っている大変重要な科で、同時に2008年に初めて標傍化、独立した新しい科でもあります。この標傍化は、病理医の主たる位置づけが亡くなった患者さんを剖検し病理形態学的に死因を特定する科から、生きている患者さんの病理診断をし、その後の治療方針に臨床医と共に参加する科へと変換しつつあることを示唆し、社会も病理医の重要性を認識し始めてきています。いわば顕微鏡を使った臨床医と言えるでしょう。八王子病院病理診断科の最大の特徴は外科系の先生との交流が多いことです。両者の交流が密であるということは例えば外科系の先生が疑問に思った症例や術中迅に関して患者さんの手術をはじめとした瞬時の治療方針の変更や術後化学療法等その後の臨床的対応に方向性を与えるうえで極めて重量なことです。

    では病理診断科の存在の有無がいかに患者さんにとって利益、不利益を生じうるのでしょうか?

    病理医存在により迅速診断が可能

    1. 術中迅速診断により手術時の採取した病変が本当に取り切れているかどうか術中瞬時に確認が可能である(即ち、癌を取りこぼすことなく採取しているか否か可能)⇒病理医不在の病院では切除断端に関して術後1-2週間程度かかるため、もし切除断端が陽性であれば拡大切除等患者さんがその後に再手術する可能性もある。
    2. 術前確定診断がついていない症例で、術中病変を迅速診断で判定することで腫瘍の性状や悪性度がある程度認識でき拡大手術もしくは縮小手術が術中に変更可能であり各症例に対して臨機応変に対応しえる。
    3. また手術時腹水、胸水等に癌細胞の有無を病理技師のCyto-Technicianと連携して迅速細胞診で精査可能のため根治術不能症例における縮小手術か、積極的切除か瞬時に決定可能。

    病理医存在により生検材料、外科材料が診断可能

    1. 生検、外科材料等検査会社に委託するより早期に診断可能であり患者さんの治療方針が早期に立てやすい。また場合によって免疫染色が必要となりそれを駆使して診断することでより精度の高い診断が可能である。
    2. 生検の診断に対しその腫瘍が分化程度やその性状に対して臨床医と微妙なニュアンスのDiscussionができる。例えば個々の症例に対し内視鏡治療を優先すべきかそれとも外科的にやるべきか患者さんの治療方針に対して内視鏡、病理、画像、検査Data等総合的に鑑みて検討することができ医療側の質の高い治療方針につながり患者に還元される。 
      同時に外科材料に関しても癌の性状や深達度、および癌の切除断端からの距離等臨床医と微妙なニュアンスのDiscussionができるため術後の後療法等(化学療法や放射線治療)臨床的対応により方向性を与える。

    病理医存在により剖検可能施設である

    1. 院内における患者さんの死亡に関して死因の同定が可能
      患者さんの家人の中には家族の死に対して論理的に死を知りたいもしくは化学療法等の効果判定の程度を知ることが可能である。
    2. 院内の突然死の原因(死因)に関して病理形態学的立場から検索可能である。(年2~3回開催)
    3. 症例により臨床側と-病理側によるカンファランス(Clinico-Pathological-Conference)を行うことが可能である。

    以上の如く病理診断科の存在は患者さんの診断や治療に対し有益であるだけでなく病院の精度を高めるうえで必須の科です。
    尚、現在当院病理診断科では専任病理医は3名在籍しており、質の高い診断をめざして日夜研鑽中であります。病理専門医は2名在籍しており、また外部からも3名、東海大学内からは週に1度伊勢原本院から月に1度応援に来ていただき診断の精度上昇に協力して頂いています。

    主な診療実績

    医師一覧

    医師名 田尻 琢磨 (たじり たくま)
    身分 教授
    専門分野 外科病理
    専門領域 胆膵系腫瘍、劇症感染症
    専門医・認定医 日本病理学会専門医、日本病理学会指導医、日本臨床細胞学会細胞診専門医、死体解剖資格
    医師名 杉山 朋子 (すぎやま ともこ)
    身分 講師
    専門分野 外科病理
    専門領域 膵臓発生腫瘍、婦人科腫瘍
    専門医・認定医 日本病理学会専門医、日本病理学会指導医、日本臨床細胞学会細胞診専門医、死体解剖資格
    医師名 平岩 真一郎 (ひらいわ しんいちろう)
    身分 助教
    専門分野 外科病理
    専門領域 骨髄血液病理
    専門医・認定医 日本病理学会専門医、死体解剖資格

    研究

    現在行っている研究

    担当 研究内容
    田尻琢磨 膵胆道系腫瘍,殊に膵管内腫瘍の外科病理学的研究を行っています。
    また剖検例より(宿主からみた)人食い(劇症感染症)Bacteriaの発症の病態生理についての研究も行っています。
    杉山朋子 膵腫瘍ならびに膵発生病理に関して特に出産前後の膵臓の変化に関しての研究を行っています。
    平岩真一郎 リンパ腫の病理 殊に外科病理,免疫染色に関しての研究を行っています。

    研究実績

    英語(原著 症例報告も含む)

    • 1.Shoji S, Hiraiwa S, Ogawa T, Kawakami M, Nakano M, Hashida K, Sato Y, Hasebe T, Uchida T, Tajiri T. Accuracy of real-time magnetic resonance imaging-transrectal ultrasound fusion image-guided transperineal target biopsy with needle tracking with a mechanical position-encoded stepper in detecting significant prostate cancer in biopsy-naive men. Int J Urol. 2017 [Epub ahead of print]
    • 2.Jimbo N, Nishigami T, Noguchi M, Iijima H, Hirota S, Tajiri T, Inoue T, Hirose T, Itoh T, Zen Y. Hepatic angiomyolipomas may overexpress TFE3, but have no relevant genetic alterations. Hum Pathol. 2017; 61: 41-48.
    • 3.Xue Y, Vanoli A, Balci S, Reid MM, Saka B, Bagci P, Memis B, Choi H, Ohike N, Tajiri T, Muraki T, Quigley B, El-Rayes BF, Shaib W, Kooby D, Sarmiento J, Maithel SK, Knight JH, Goodman M, Krasinskas AM, Adsay V. Non-ampullary-duodenal carcinomas: clinicopathologic analysis of 47 cases and comparison with ampullary and pancreatic adenocarcinomas. Mod Pathol. 2017; 30(2): 255-266.
    • 4.Ichikawa H, Imai J, Mizukami H, Uda S, Yamamoto S, Nomura E, Tajiri T, Watanabe N, Makuuchi H. Amoebiasis Presenting as Acute Appendicitis. Tokai J Exp Clin Med. 2016; 41(4):227-229.
    • 5.Gonzalez RS, Bagci P, Basturk O, Reid MD, Balci S, Knight JH, Kong SY, Memis B, Jang KT, Ohike N, Tajiri T, Bandyopadhyay S, Krasinskas AM, Kim GE, Cheng JD, Adsay NV. Intrapancreatic distal common bile duct carcinoma: Analysis, staging considerations, and comparison with pancreatic ductal and ampullary adenocarcinomas. Mod Pathol. 2016; 29(11): 1358-1369.
    • 6.Reid MD, Balci S, Ohike N, Xue Y, Kim GE, Tajiri T, Memis B, Coban I, Dolgun A, Krasinskas AM, Basturk O, Kooby DA, Sarmiento JM, Maithel SK, El-Rayes BF, Adsay V. Ampullary carcinoma is often of mixed or hybrid histologic type: an analysis of reproducibility and clinical relevance of classification as pancreatobiliary versus intestinal in 232 cases. Mod Pathol. 2016; 29(12): 1575-1585.
    • 7.Ito H, Tajiri T, Muraki T, Joshita S, Hiraiwa S, Sugiyama T, Tajima T, Mukai M, Mine T, Watanabe N. GLUT-1 Expression as an Independent Predictor of the Outcome in Patients with R1 Pancreatic Ductal Adenocarcinoma. Showa Univ J Med Sci. 2016; 28(3): 249-260.
    • 8.Ichiki A, Hashimoto N, Ueda T, Hiraiwa S, Tajiri T, Nakamura N, Ando K, Yokoyama K. IgG4-related Disease with Bone Marrow Involvement. Inter Med. 2016; 55(16): 2295-2229.
    • 9. Kayano H, Nomura E, Hiraiwa S, Kuramoto T, Yatabe K, Machida T, Tajiri T, Mukai M, Makuuchi H. A Case of Idiopathic Mesenteric Phlebosclerosis with Progressive Intestinal Necrosis. Tokai J Exp Clin Med. 2016; 41(2): 70-75.
    • 10. Watanabe H, Uruma T, Tazaki G, Tajiri T, Kikuchi R, Itoh M, Aoshiba K, Nakamura H. Remission of ALK-negative primary pulmonary inflammatory myofibroblastic tumor on treatment with clarithromycin: A case report and review of the literature. Oncol Lett. 2016; 11(3): 1757-1761.
    • 11. Hashimoto N, Ueda T, Hiraiwa S, Tajiri T, Yokoyama K. Human parvovirus B19-induced transient red cell aplasia in a patient with vitamin B12 deficiency. Br J Haematol. 2016; 173(5): 661.
    • 12. Ichikawa H, Mizukami H, Tajiri T, Watanabe N. A Giant Cecal Tumor with Prolapse through the Anus. Intern Med. 2016; 55(5): 541-542. Epub 2016 Mar 1.
    • 13. Reid MD, Bagci P, Ohike N, Saka B, Erbarut Seven I, Dursun N, Balci S, Gucer H, Jang KT, Tajiri T, Basturk O, Kong SY, Goodman M, Akkas G, Adsay V. Calculation of the Ki67 index in pancreatic neuroendocrine tumors: a comparative analysis of four counting methodologies. Mod Pathol. 2016; 29(1): 93.
    • 14. Adsay NV, Mino-Kenudson M, Furukawa T, Basturk O, Zamboni G, Marchegiani G, Bassi C, Salvia R, Malleo G, Paiella S, Wolfgang CL, Matthaei H, Offerhaus GJ, Adham M, Bruno MJ, Reid MD, Krasinskas A, Kloppel G, Ohike N, Tajiri T, Jang KT, Roa JC, Allen P, Fernandez-del Castillo C, Jang JY, Klimstra DS, Hruban RH. Pathologic Evaluation and Reporting of Intraductal Papillary Mucinous Neoplasms of the Pancreas and Other Tumoral Intraepithelial Neoplasms of Pancreatobiliary Tract: Recommendations of Verona Consensus Meeting.; Members of Verona Consensus Meeting, 2013. Ann Surg. 2016; 263(1): 162-177.
    • 15. Tajima T, Mukai M, Hasegawa S, Yamamoto S, Nomura E, Tajiri T, Sadahiro S, Yasuda S, Makuuchi H.Early rectal cancer accompanied by multiple systemic abscesses: A case report. Oncol Lett. 2015; 10(4): 2219-2222.
    • 16. Higami S, Nomura E, Yamazaki M, Morita S, Noguchi W, Uda S, Hara H, Yamamoto S, Hasegawa S, Tobita K, Tajiri T, Mukai M, Inokuchi S, Makuuchi H. The first case of huge amebic intra-abdominal tumor with asymptomatic amebic colitis. Surg Case Rep. 2015; 1(1): 48.
    • 17. Kurokawa S, Hirabayashi K, Hadano A, Yamada M, Tajiri T, Nakamura N. Do Solid Pseudopapillary Neoplasms Shrink After Menopause?: Review of the Literature. Pancreas. 2015; 44(6): 998-999.
    • 18. Balci S, Basturk O, Saka B, Bagci P, Postlewait LM, Tajiri T, Jang KT, Ohike N, Kim GE, Krasinskas A, Choi H, Sarmiento JM, Kooby DA, El-Rayes BF, Knight JH, Goodman M, Akkas G, Reid MD, Maithel SK, Adsay V. Substaging Nodal Status in Ampullary Carcinomas has Significant Prognostic Value: Proposed Revised Staging Based on an Analysis of 313 Well-Characterized Cases. Ann Surg Oncol. 2015; 22(13): 4392-4401.
    • 19. Hirabayashi K, Kurokawa S, Maruno A, Yamada M, Kawaguchi Y, Nakagohri T, Mine T, Sugiyama T, Tajiri T, Nakamura N. Sex differences in immunohistochemical expression and capillary density in pancreatic solid pseudopapillary neoplasm. Ann Diagn Pathol. 2015; 19(2):45-49.
    • 20. Sugiyama T, Tajiri T, Hiraiwa S, Inomoto C, Kajiwara H, Kojima S, Tobita K, Nakamura N. Hepatic adrenal rest tumor: Diagnostic pitfall and proposed algorithms to prevent misdiagnosis as lipid-rich hepatocellular carcinoma. Pathol Int. 2015; 65(2): 95-99.
    • 21. Shoji S, Hiraiwa S, Endo J, Hashida K, Tomonaga T, Nakano M, Sugiyama T, Tajiri T, Terachi T, Uchida T. Manually controlled targeted prostate biopsy with real-time fusion imaging of multiparametric magnetic resonance imaging and transrectal ultrasound: An early experience. Int J Urol. 2015; 22(2): 173-178.
    • 22. Tate G, Tajiri T, Kishimoto K, Mitsuya T. A novel mutation of the axonemal dynein heavy chain gene 5 (DNAH5) in a Japanese neonate with asplenia syndrome. Med Mol Morphol. 2015 48(2): 116-122.
    • 23. Isozaki M, Ohike N, Tajiri T, Mtsuya T, Takimoto M. Clinicopathological study of intracholecystic papillary-tubular neoplasms (ICPNs) of the gallbladder. Showa Univ J Med Sci. 2014; 26(1): 17-26.
    • 24. Watanabe H, Uruma T, Tsunoda T, Tazaki G, Suga A, Nakamura Y, Yamada S, Tajiri T. Lung metastasis of transitional cell cancer of the urothelium, with fungus ball-like shadows closely resembling aspergilloma: A case report and review of the literature. Oncol Lett. 2014; 8(1): 95-98.
    • 25. Sekido Y, Mukai M, Yamazaki M, Tajima T, Yamamoto S, Hasegawa S, Kishima K, Tajiri T, Nakamura N. Occult neoplastic cells in lymph node sinuses and recurrence/metastasis of stage II/III gastric cancer. Oncol Lett. 2014; 7(1): 53-58.
    • 26. Kasugai H, Tajiri T, Takehara Y, Mukai S, Tanaka J, Kudo SE. Intraductal tubulopapillary neoplasms of the pancreas: case report and review of the literature. J Nippon Med Sch. 2013; 80(3): 224-229.
    • 27. Yamaguchi H, Aishima S, Oda Y, Mizukami H, Tajiri T, Yamada S, Tasaki T, Yamakita K, Imai K, Kawakami F, Hara S, Hanada K, Iiboshi T, Fukuda T, Imai H, Inoue H, Nagakawa T, Muraoka S, Furukawa T, Shimizu M. Distinctive histopathologic findings of pancreatic hamartomas suggesting their “hamartomatous” nature: a study of 9 cases. Am J Surg Pathol. 2013; 37(7): 1006-1013.
    • 28. Inagaki T, Tajiri T, Tate G, Kunimura T, Morohoshi T. Dynamic morphologic change and differentiation from fetal to mature pancreatic acinar cells in rats.  J Nippon Med Sch. 2012; 79(5): 335-342.
    • 29. Adsay NV, Bagci P, Tajiri T, Oliva I, Ohike N, Balci S, Gonzalez RS, Basturk O, Jang KT, Roa JC. Pathologic staging of pancreatic, ampullary, biliary, and gallbladder cancers: pitfalls and practical limitations of the current AJCC/UICC TNM staging system and opportunities for improvement.  Semin Diagn Pathol. 2012; 29(3): 127-141.
    • 30. Tajiri T, Tate G, Matsumoto K, Hoshino H, Iwamura T, Kodaira Y, Takahashi K, Ohike N, Kunimura T, Mitsuya T, Morohoshi T. Diagnostic challenge: intraductal neoplasms of the pancreatobiliary system. Pathol Res Pract. 2012; 208(11): 691-696.
    • 31. Adsay V, Ohike N, Tajiri T, Kim GE, Krasinskas A, Balci S, Bagci P, Basturk O, Bandyopadhyay S, Jang KT, Kooby DA, Maithel SK, Sarmiento J, Staley CA, Gonzalez RS, Kong SY, Goodman M. Ampullary region carcinomas: definition and site specific classification with delineation of four clinicopathologically and prognostically distinct subsets in an analysis of 249 cases. Am J Surg Pathol. 2012; 36(11): 1592-1608.
    • 32. Takano Y, Ohike N, Tajiri T, Asonuma K, Harada K, Takahashi H, Morohoshi T. Gastric- and intestinal-type marker expression in invasive ductal adenocarcinoma of the pancreas. Hepatobiliary Pancreat Dis Int. 2012; 11(4): 424-428.
    • 33. Sugiyama A, Chiba M, Nakagami T, Kawano S, Sanada Y, Tajiri T, Toki A. Beneficial effects of (-)-epigallocatechin gallate on ischemia-reperfusion testicular injury in rats. J Pediatr Surg. 2012; 47(7): 1427-1432.
    • 34. Tajiri T, Tate G, Masunaga A, Miura K, Masuda S, Kunimura T, Mitsuya T, Morohoshi T. Autopsy cases of fulminant bacterial infection in adults: clinical onset depends on the virulence of bacteria and patient immune status. J Infect Chemother. 2012; 18(5): 637-645.
    原著(和文 症例報告も含む)
    • 1.伊藤裕幸, 今井 仁, 矢崎利典, 市川仁志, 永田順子, 小嶋清一郎, 高清水真二, 白井孝之, 渡辺勲史, 山田美鈴, 和泉秀樹, 飛田浩輔, 田尻琢磨. 小膵癌との鑑別が困難であった膵ITPNの1例. Progress of Digestive Endoscopy. 2014; 84(1), 200-201.
    • 2. 今井 仁, 市川仁志, 白井孝之, 伊藤裕幸, 永田順子, 小嶋清一郎, 高清水眞二, 宇田周司, 山本壮一郎, 向井正哉, 野村栄冶, 幕内博康, 田尻琢磨, 渡辺勲史.消化管出血が契機となった空腸真性憩室由来GISTの1例. Progress of Digestive Endoscopy. 2014; 84(1): 136-137.
    著書
    • 1. 杉山朋子, 町田智久, 平岩真一郎, 田尻琢磨. 胆嚢の炎症性疾患(黄色肉芽種性胆嚢炎を含む).腫瘍病理鑑別アトラス(膵癌胆道癌):文光堂. 2015; 56-65.
    • 2. 乳頭部腺腫と早期乳頭部癌について. 田尻琢磨, 平岩真一郎, 杉山朋子. 腫瘍病理鑑別アトラス(膵癌胆道癌):文光堂. 2015; 211-217.
    • 3. 田尻琢磨, 杉山朋子. Mucinous cystic neoplasm (MCN)の臨床病理学的特徴. 日本臨牀. 2015; 3月増刊号(膵癌・胆道癌): 272-279.
    総説(邦文)
    • 1. 平岩真一郎, 小路 直, 渡具知克, 杉山朋子, 田尻琢磨, 中村直哉. 3Dプリンターで作製した試料プレートと包埋皿を用いた前立腺大切片作製法.病理と臨床. 2016; 34: 881-883.
    • 2. 森永友紀子, 寺田卓郎, 松清 大, 田尻琢磨, 伊藤智雄, 全 陽. pT1/pTis膵管癌のRadio-Pathology Correlation. 肝胆膵. 2015; 70(4): 585-591.
    • 3. 田尻琢磨, 杉山朋子, 平岩真一郎, 中村直哉. 病理医不足の原因とその対策. 病理と臨床. 2014; 32: 807-810.
    • 4. 田尻琢磨. 病理診断とは 市民の皆さんの健康を守る. 2014.08.01. 小金井市報.
    • 5. 田尻琢磨, 大池信之, Volkan Adsay, 平岩真一郎, 飛田浩輔, 向井正哉, 楯 玄秀, 中村直哉. 乳頭部腫瘍と胆嚢腫瘍-十二指腸乳頭部腫瘍の概念および胆嚢前癌病変について-.病理と臨床. 2013; 31(3): 245-253.
    • 6. 大池信之, 田尻琢磨, Volkan Adsay, 和田友祐, 阿蘇沼邦央, 佃 玄紀, 平林幸大, 廣田由子, 杉山朋子, 斉藤光次, 扇谷芳光, 国村利明, 諸星利男.十二指腸主乳頭と副乳頭に発生する腫瘍.肝胆膵画像 2012; 14(6): 525-533.
    • 7. 大池信之, 田尻琢磨, Volkan Adsay, 和田友祐, 阿蘇沼 邦央, 佃玄紀, 平林幸大, 廣田由子, 杉山朋子, 斉藤光次, 扇谷芳光, 国村利明, 諸星利男. 肝胆膵画像 2012; 14: 525-533.
    講演
    • 1.田尻琢磨 肝胆膵領域 平成28年度細胞検査士養成講習会(両国7月2016年)
    • 2.田尻琢磨 劇症型感染症 昭和大学医学部同窓会近畿支部(ホテルオークラ神戸11月 2016年)
    • 3.田尻琢磨 肝胆膵領域 平成27年度細胞検査士養成講習会(両国7月2015年)
    • 4.田尻琢磨 肝胆膵領域 平成26年度細胞検査士養成講習会(伊勢原7月2014年)
    • 5.田尻琢磨 膵胆道の発生から解剖、機能、通常型膵胆道系癌について 第39回多摩細胞診研究会(八王子 12月, 2014)
    • 6.田尻琢磨 肝胆膵領域 平成26年度細胞検査士養成講習会(伊勢原7月, 2014年)
    • 7.森谷 卓也, 瀧本 雅文, 田尻 琢磨. 医療安全セミナー 実例に学ぶ第55回日本 臨床細胞学会総会(横浜 6月 2014年).
    • 8.田尻琢磨 肝胆嚢Ⅰ 癌取扱い規約/切出し 日本臨床検査技師会 平成25年度第1回病理研修会(日臨技先駆的臨床検査技術研修会)(大森 2月 2014年)
    • 9.田尻琢磨 膵腫瘍の概念と組織学的分類/2013/神奈川県臨床衛生検査技師会;病理細胞検査合同研修会(神奈川) 病理細胞検査研究班(横浜 6月 2013年)
    座長ならびにコメンテーター
    • 1.田尻琢磨. 第105回日本病理学会総会 一般ポスター 消化管 上部 10 (仙台, 2016年)
    • 2.田尻琢磨. 第105回日本病理学会総会 系統的病理診断講習会(診療領域別講習)2系統的虫垂腸管 仙台, 2016年)
    • 3.田尻琢磨. 第72回 日本病理学会関東支部学術集会 感染症)一般演題4 (大森, 9月2016年)
    • 4.田尻琢磨. 第104回日本病理学会総会 コンパニオンミーテング(日本膵臓病理研究会)ファーター乳頭部領域腫瘍 – 概念と診断 ?(名古屋, 5月, 2015年)
    • 5. 田尻琢磨. 第104回日本病理学会総会 一般ポスター 人体病理 膵臓3 (名古屋, 5月, 2015年)
    • 6.田尻琢磨. リンパ腫病理からみたIgG4関連疾患  第62 回日本病理学会関東支部学術集会(代々木, 3月, 2014年)
    • 7.田尻 琢磨. 症例検討セッション(胆膵) 病理コメンテーター 第100回日本消化器病学会総会(東京, 4月, 2014年)
    • 8. 田尻琢磨. 第101回日本病理学会総会 一般ポスター 示説 肝胆道9 (新宿, 5月, 2012年)
    学会(研究会)発表

    2016年

      • 1)Ito H, Tajiri T, Muraki T, Joshita S, Mine T, Watanabe N. GLUT-1 Expression as an Independent Predictor of the Outcome in Patients with R1 Pancreatic Ductal Adenocarcinoma. 米国消化器病学会(DDW, Sandiego, USA 2016).
      • 2)町田智久, 伊藤仁, 加戸伸明, 渡具知克, 藤田大貴, 野村 希, 平岩真一郎, 杉山朋子, 中村直哉, 田尻琢磨. 免疫組織化学的検索を行うための検体取り扱い 第55回日本臨床細胞学会秋季大会 (大分, 2016).
      • 3)藤田大貴, 町田智久, 伊藤仁, 宮島葉子, 加戸伸明, 渡具知克, 藤田大貴, 平岩真一郎, 杉山朋子, 中村直哉, 田尻琢磨.膠芽腫との鑑別に苦慮した脳原発悪性黒色腫の1例 2016 第55回日本臨床細胞学会秋季大会(大分, 2016).
      • 4)平林健一, 才荷翼, 東條絵里, 萩原範子, 岡島ひとみ, 古市将大, 時村奈央, 土田みなみ, 加戸伸明, 宮島葉子, 伊藤仁, 田尻琢磨, 中村直哉. 膵細胞診検体における各ガイドライン報告様式での検者間診断一致率について. 第55回日本臨床細胞学会秋季大会(大分, 2016).
      • 5)伊藤裕幸, 羽田野敦子, 小嶋清一郎, 永田順子, 高清水眞二, 渡辺勲史, 和泉秀樹, 平岩真一郎, 杉山朋子, 田尻琢磨, 峯徹哉. 胆道癌ガイドライン第2版における乳頭部癌予後予測因子の検証. 第52回日本胆道学会学術集会(横浜, 2016)

    2015年

      • 6)町田智久, 伊藤仁, 加戸伸明, 渡具知克, 藤田大貴, 平岩真一郎, 井野元智恵, 杉山朋子, 中村直哉, 田尻琢磨.膵退形成癌紡錘細胞型の1例. 第56回日本臨床細胞学会春季大会(松江, 2015)
      • 7)加戸伸明,伊藤仁,芹澤昭彦,宮嶋葉子,町田智久,井野元智恵,梶原博,田尻琢磨,中村直哉. LBC標本における悪性リンパ腫の細胞像. 第54回日本臨床細胞学会秋季大会 (名古屋, 2015)
      • 8)藤田大貴, 町田智久, 伊藤仁, 加戸伸明, 野村希, 古市将大, 平岩真一郎, 梶原博, 中村直哉, 田尻琢磨.  星細胞腫瘍の細胞学的な悪性度分類の検討2015 第54回日本臨床細胞学会秋季大会 (名古屋, 2015)
      • 9)渡具知克, 町田智久, 伊藤仁, 加戸伸明, 佐藤久佳, 萩原範子, 井野元智恵, 杉山朋子, 中村直哉, 田尻琢磨.原発性肺がんとの鑑別に苦慮した甲状腺原発低分化癌の1例. 2015第54回日本臨床細胞学会秋季大会 (名古屋, 2015) 
      • 10) 近藤裕介, 田崎巌, 梶尾幸弘, 増田大介, 中村雄介, 田尻琢磨, 坂巻文雄, 山田俊介.
      • 胸水貯留で発見され鏡視下生検で診断に至った縦隔原発B細胞性リンパ腫の1例.
      • 第38回呼吸器内視鏡学会学術集会 (新宿, 2015)
      • 11) 平岩真一郎, 菊池イアーラ幸江, 杉山朋子, 田尻琢磨, 中村直哉.CD5陽性領域をもつ十二指腸原発びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の1例. 第104回日本病理学会総会 (名古屋, 2015).
      • 12)森永友紀子, 全 陽, 寺田卓郎, 松浦大, 田尻琢磨, 伊藤智雄.pTis/pT1膵癌の臨床病理学的検討. 第104回日本病理学会総会 (名古屋, 2015).
      • 13)黒川幸子, 平林健一, 丸野敦子, 山田美鈴, 田尻琢磨, 中村直哉.Solid pseudopapillary neoplasmは閉経後に小さくなるか? 第104回日本病理学会総会 (名古屋, 2015).

    2014年

      • 14) 田中淳, 坂巻文雄, 近藤祐介, 田崎厳, 増田大介, 中村雄介, 田尻琢磨, 山田俊介.胸部CT で小結節影を呈し肺癌との鑑別に苦慮したアスペルギルス結節の1 例 第166 回日本結核病学会関東支部学会 第211 回日本呼吸器学会関東地方会合同学会 (大宮, 2014).
      • 15) 有泉泰, 小池淳樹, 朝倉武士, 朝野隆之, 成木佐恵子, 遠藤陽, 岡南裕子, 藤野節,前田一郎, 田尻琢磨,千川晶弘,小泉宏隆,高木正之. 胆嚢のintracholecystic papillary-tubular neoplasmと考えられた1例 第103回日本病理学会総会(広島, 2014).
      • 16) 平岩真一郎, 田尻琢磨, 杉山朋子, 中村直哉. 胆嚢腫瘤で診断されたBリンパ芽球性リンパ腫(B-lymphoblastic lymphoma, B-LBL)の1例 第103回日本病理学会総会(広島, 2014).
      • 17)藤田大貴, 町田智久, 伊藤仁, 加戸伸明, 萩原範子, 平岩真一郎, 井野元知恵, 熊木伸枝, 中村直哉, 田尻琢磨. 心臓原発CD5陽性びまん性大細胞型リンパ腫の1例.第53回日本臨床細胞診学会秋季大会(下関, 2014).
      • 18)町田智久, 伊藤仁, 加戸伸明, 野村希, 井野元智恵, 梶原博, 村松俊成, 杉山朋子,中村直哉, 田尻琢磨. 胆汁細胞診判定基準に基づいた胆道系悪性腫瘍所見の検証. 第53回日本臨床細胞診学会秋季大会(下関, 2014).
      • 19)渡具知克, 町田智久, 伊藤仁, 加戸伸明, 芹澤明彦, 宮嶋葉子,  井野元智恵, 熊木伸枝, 中村直哉, 田尻琢磨.細胞診で推定し得た大胸筋に発生した顆粒細胞腫の一例.第53回日本臨床細胞診学会秋季大会(下関, 2014)
      • 20)竹山信之, 田尻 琢磨, 水上博喜, 長浜正亜. 他胆管内への進展を示したMCN of the liverの1例 第28回腹部放射線学会(秋田, 2014)
      • 21)田中裕貴,牛島明子,伊地知健,駒井太一,及川恵子,小林義典,田爪 圭,檜垣 恵,平岩真一郎, 田尻琢磨.診断に苦慮したメソトレキセート関連リンパ増殖性疾患(MTX-LPD)の1例.第603回日本内科学会関東地方会例会(東京, 2014)
      • 22)市川仁志, 今井仁, 矢崎利典, 伊藤裕幸, 永田順子, 小嶋清一郎, 高清水眞二, 白井孝之, 渡辺勲史, 田尻琢磨.潰瘍性大腸炎での粘膜内IgG4陽性形質細胞の浸潤の検討. 第87回日本内視鏡学会総会(九州, 2014)

    2013年

    • 23)星野弘樹, 川東豊, 高橋健, 小平祐三, 岩村太郎, 田尻琢磨, 松本光司.分岐膵管に発生したintraductal tubulopapillary neoplasm(ITPN)の1例 第44回日本膵臓学会大会 (仙台, 2013).
    • 24) 阿蘇沼邦夫, 伊達由子, 佃玄紀, 平林幸大, 和田友佑, 斉藤光次, 高橋寛, 田尻琢磨, 浜谷茂治, 諸星利男.進行大腸癌におけるHER2発現と粘液産生について 第101回日本病理学会総会 (東京, 2012)
    • 25) 岸本浩次, 北村隆司, 田尻琢磨, 増永敦子, 楯玄秀, 光谷俊幸. 造血器悪性腫瘍の細胞診, 血液検査室との関連について. 第53回日本臨床細胞診学会春季特別総会 (千葉, 2012)
    • 26) 岸本浩次, 北村隆司, 畠山重春, 田尻琢磨, 増永敦子, 楯玄秀, 光谷俊幸. リンパ節細胞診の基本的な標本作成法. 第53回日本臨床細胞診学会春季特別総会 (千葉, 2012) 
    • 27) 田尻琢磨, 楯玄秀, 大池信之, 増永敦子, 丸岡 直隆, 長浜正亜, 光谷俊幸, 諸星 利男. 胆管内管状乳頭状腫瘍と鑑別困難であった下部胆管腫瘍の1剖検例. 第43回日本膵臓学会 (山形, 2012)
    • 28) 岸本浩次, 田尻琢磨, 増永敦子, 楯玄秀, 光谷俊幸. 顎下腺IgG4関連リンパ増殖性疾患の1例. 第51回日本臨床細胞学会秋期特別総会 (新潟,2012)