消化器内科

    ご挨拶

    大学病院として高度で専門的医療を行うとともに、地域の中核病院としての役割を担うため、積極的かつ迅速な外来診断・入院治療に取り組んでおります。消化管、肝・胆・膵疾患の専門医が先端的かつ専門的な医療を提供しています。特に早期癌の診断と治療に力を注ぎ、早期胃癌、大腸癌の内視鏡治療や肝癌に対するラジオ波焼灼術、肝動脈塞栓術を積極的に行っています。消化器センターとして消化器内科、外科の協力体制が整っており、手術症例では消化器外科との密接な連携の下に診断、治療が進められています。「医療はサービス」という精神で、地域の医療に貢献していきたいと考えています。

    診療内容

    消化器内科は、上部消化管、下部消化管、肝疾患、胆膵疾患など対象患者さんが多く、きわめて専門性の高い領域です。内視鏡的手術(内視鏡的止血術、内視鏡的粘膜切除術、内視鏡的粘膜下層剥離術、内視鏡的胆道ドレナージ術、内視鏡的採石・砕石術など)やラジオ波焼術あるいは化学療法などを用いて、内科でありながら外科的要素も多く含む診療をしています。また、消化器疾患は非代償性肝硬変、重症型膵炎、胆嚢炎、劇症肝炎、炎症性腸疾患などの全身管理を要する症例が多いため、科の枠を超えた総合的な診断・治療を行っています。

    主な対象疾患

    月曜~土曜(第2・4・5土曜日)まで、内視鏡センターで上部内視鏡検査を行っています。熟練したスタッフにより、質の高い、苦痛の少ない(ご希望により鎮静剤を投与したり、経鼻内視鏡を含めた)検査を提供しています。消化管(食道、胃、大腸)の早期癌、進行癌、潰瘍性大腸炎、クローン病等の炎症性腸疾患、下痢や便秘を生ずるIBS(過敏性腸症候群)、GERD(胃食道逆流症)、FD(機能性dyspepsia)、急性・慢性肝炎、肝硬変、肝癌、胆道・膵疾患に対して最適の治療(内視鏡的手術、化学療法、放射線治療)を提供しています。特に、慢性肝炎、肝硬変に対しては、インターフェロンフリーの経口剤の治療に対して、積極的に取り組んでいます。初期の肝臓癌に対してはラジオ波焼灼術(RFA)を積極的に行い、根治を目指しています。

    大腸ESD

    上部直腸に粗大な結節を伴う半周正の結節集簇病変が認められた。Dualナイフにて全周切開後剥離を行い、一括切除にてESDを完了した。切除切片は65×60mm大で、病理学的には深達度mの腺腫内癌であった。垂直断端、水平断端ともに陰性で治療切除であった。

    胃ESD

    胃前庭部前壁を中心に大弯から小彎にまたがる2/3周性のⅠⅠa病変が認められる。中心部に瘢痕狭窄を伴い、経過中の瘢痕形成が推測される。切除標本は92×50mm大、病変サイズ40×30mm大の0-ⅠⅠa病変で、深達度mの高分化型腺癌であった。色素散布後、IT-2ナイフを用い全周切開を行い、一括切除にてESDを終了した。本例では5か月後に術後の瘢痕狭窄を生じたが、TTSバルーン拡張1回とデカドロンの局注により、通過は改善・維持されている。

    超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)

    膵体部に30mm大の辺縁不整、内部不均一に低エコーを示す腫瘤性病変を認める。20G穿刺針にて3session穿刺を行い、ROSE(迅速細胞診)で腫瘍細胞が採取されているのを確認。後日組織診でadenocarcinomaが確認された。

    ラジオ波焼灼術(RFA)

    主な診療実績

    2020年度の年間検査件数は上部消化管内視鏡検査7023件、下部消化管内視鏡検査3429件、内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP、総胆管結石採石等)790件、内視鏡的ポリープ切除術709件、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)134件でした。上半期はCOVID-19の影響を受け件数が減少しました。

    医師一覧

    医師名 鈴木 孝良 (すずき たかよし)
    身分 教授、副院長
    専門分野 消化管疾患
    専門領域 食道・胃・大腸疾患の診断・治療、消化管悪性腫瘍、消化性潰瘍、ヘリコバクター・ピロリ感染症、炎症性腸疾患、粘膜切除術(EMR)、粘膜下層剥離術(ESD)、小腸疾患、小腸バルーン内視鏡
    専門医・認定医 日本内科学会指導医・認定医、日本消化器病学会指導医・専門医、日本消化器内視鏡学会指導医・専門医、日本消化管学会指導医・専門医、日本ヘリコバクター学会認定医
    医師名 渡辺 勲史 (わたなべ のりひと)
    身分 特任教授
    専門分野 肝胆膵疾患
    専門領域 慢性肝炎、肝硬変、肝癌の診断と治療、門脈圧亢進症の病態・診断・内視鏡・IVR治療、黄疸の病態と診断(自己免疫性、薬物性肝障害)、脂肪肝と生活習慣病、胆膵の良性・悪性疾患の診断と治療
    専門医・認定医 日本内科学会指導医・認定医、日本消化器病学会指導医・専門医、 日本肝臓学会指導医・専門医、日本消化器内視鏡学会専門医
    医師名 伊藤 裕幸(いとう ひろゆき)
    身分 講師
    医師名 永田 順子(ながた じゅんこ)
    身分 講師
    専門分野 消化器全般
    専門領域 内視鏡診断と治療、肝胆膵疾患の診断と治療
    専門医・認定医 日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会暫定指導医・専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本医師会認定産業医
    医師名 広瀬 俊治 (ひろせ しゅんじ)
    身分 講師
    専門分野 肝疾患全般
    専門領域 肝臓癌化学療法、ウイルス性肝炎、食道静脈瘤治療、肝癌局所療法、肝不全管理、急性肝不全管理
    専門医・認定医 日本肝臓学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器病学会専門医、総合内科専門医、日本肝臓学会指導医
    医師名 津田 真吾 (つだ しんご)
    身分 助教
    専門分野 消化管疾患
    専門領域 消化管疾患の診断と治療、悪性腫瘍の内視鏡治療、炎症性腸疾患の診療
    専門医・認定医 日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本消化器病学会専門医
    医師名 横田 将 (よこた まさし)
    身分 助教
    専門分野 消化器全般
    専門領域 消化器疾患の診断と治療
    専門医・認定医 日本内科学会認定、日本ヘリコバクター学会認定医
    医師名 張 つぼみ (ちょう つぼみ)
    身分 助教
    医師名 森 貴裕 (もり たかひろ)
    身分 助教
    医師名 藤本 龍太郎(ふじもと りゅうたろう)
    身分 助教
    医師名 山口 徹(やまぐち とおる)
    身分 臨床助手
    医師名 小嶋 清一郎 (こじま せいいちろう)
    身分 非常勤医師
    専門分野 肝胆膵疾患
    専門領域 慢性肝炎、肝硬変、肝癌の診断と治療、肝腫瘍に対するラジオ波焼灼術、門脈圧亢進症の病態・診断、脂肪肝と生活習慣病
    専門医・認定医 日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本消化器病学会専門医・関東支部評議員、日本肝臓学会専門医・東部会評議員、日本消化器内視鏡学会指導医・専門医、日本門脈圧亢進症学会評議員・学術委員・編集委員・技術認定取得医、日本膵臓学会認定指導医、日本胆道学会認定指導医、日本アルコール・アディクション医学会代議員、日本消化管学会胃腸科専門医・認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本温泉気候物理医学会温泉療法医、日本抗加齢医学会専門医

    診療担当表

     
    午前 渡辺 勲史
    鈴木 孝良
    永田 順子
    鈴木 孝良
    永田 順子
    広瀬 俊治
    渡辺 勲史
    伊藤 裕幸
    藤本 龍太郎
    小嶋 清一郎
    広瀬 俊治
    伊藤 裕幸
    張 つぼみ
    津田 真吾
    横田 将
    津田 真吾
    横田 将
    森 貴裕
    白井 孝之
    (2)(再診のみ)
    午後 渡辺 勲史
    鈴木 孝良
    永田 順子
    鈴木 孝良
    永田 順子
    広瀬 俊治
    渡辺 勲史
    伊藤 裕幸
    藤本 龍太郎
    小嶋 清一郎
    広瀬 俊治
    伊藤 裕幸
    張 つぼみ
    津田 真吾
    横田 将
    専門外来 午後 【消化管疾患】
    永田 順子
    【炎症性腸疾患】
    鈴木 孝良
    【胆膵疾患】
    伊藤 裕幸
    【肝疾患】
    広瀬 俊治
    【消化管疾患】
    津田 真吾

    研究

    研究について

    (1)非アルコール性脂肪肝炎(NASH)

    非アルコール性脂肪肝炎(NASH)におけるレボカルニチン投与の有用性に関する研究

    (2)大腸憩室出血

    大腸憩室出血に対するロングフードVSショートフードを用いた内視鏡検出率の無作為化比較試験

    (3)膵嚢胞

    健診受診者を対象とした膵嚢胞の臨床因子の検討

    (4)肝細胞癌

    肝細胞癌治療におけるラジオ波焼灼術および肝動脈塞栓術の再発・長期予後に関する後ろ向き観察研究

    (5)門脈血栓症

    D-dimerによる門脈血栓症のスクリーニングについて