耳鼻咽喉科

    ご挨拶

    耳鼻咽喉科は、「耳」「鼻」「のど」の比較的狭い領域を担当する診療科と考えられがちですが、実際は首から上で神経内科や脳神経外科が担当する脳と脊髄、眼科が担当する眼球、歯科が担当する歯・歯肉を除く頭部および頸部の広範囲にわたる領域を担当しています。
    また、担当する領域が広いということだけではなく、風邪や花粉症、鼻出血、中耳炎、めまいなど、どなたでも一度は経験したことのあるような疾患の診療から、聴力改善手術などの専門性の高い診療まで大変幅広い診療内容を特徴としています。

    診療内容

    耳鼻咽喉科では5感と呼ばれる感覚機能のうち、聴く(聴覚)、匂いを嗅ぐ(嗅覚)、味わう(味覚)の3感と、自分の足で歩くためのバランス感覚(平衡覚)を担当し、また美味しいものを噛んで飲み込む嚥下機能と家族や仲間と会話を楽しむための音声・言語機能も診療範囲としています。このように、耳鼻咽喉科は生活の質の向上のために大変重要な役割を担う診療科ということができます。そのため、耳鼻咽喉科医師、看護師、言語聴覚士、検査技師と連携した「チーム医療」として対応するのが当科の大きな特色でもあります。ゆえに患者さまのさらなる生活の質の向上、安定を目標としチームとして診療を行っております。

    主な対象疾患

    1.鼻・副鼻腔疾患に対する診断治療

    鼻副鼻腔疾患に対し、経鼻内視鏡、副鼻腔CT・MRIを使用し、多角的に診断を行います。保存的治療で改善が難しい慢性副鼻腔炎や、難病指定の好酸球性副鼻腔炎、その他副鼻腔嚢胞に対しては、鼻腔から内視鏡を挿入し、モニターを見ながら手術をすすめる内視鏡下鼻・副鼻腔手術(ESS)を行っています。手術は4K技術搭載の内視鏡システムとナビゲーションシステムを併用することで、より安全に、より低侵襲で行っています。他にも鼻中隔弯曲症に対する鼻中隔矯正術や、アレルギー性鼻炎に対する下鼻甲介手術も行っています。なお下鼻甲介に対するレーザー焼灼術は日帰りで行っています。

    2.耳疾患 に対する診断治療

    標準純音聴力検査、語音聴力検査、聴性脳幹反応(ABR)、耳音響放射検査(OAE)、ティンパノメトリー、耳小骨筋反射検査、内耳道MRI、中耳CTなどさまざまな検査を組み合わせ評価、診断します。突発性難聴、顔面神経麻痺に対してはステロイド治療を行いますが、重症例に対しては入院管理下で高用量のステロイド治療を行っています。顔面神経麻痺の初期治療後に、予後不良と判断される例には顔面神経減荷術を行うことがあります。その他、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎に対しては手術治療(鼓室形成術)を行っています。

    3.咽頭、喉頭疾患に対する診断治療

    急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍など、のどの炎症が高度で、食事摂取が困難な例では入院加療を行っています。扁桃周囲膿瘍では切開術で排膿を促し、早期治癒を目指します。扁桃炎を繰り返す例や、睡眠時無呼吸症候群を引き起こす扁桃肥大例では口蓋扁桃摘出術を行っています。小児の睡眠時無呼吸症候群ではアデノイド切除術も併施することがあります。
    その他、細径の電子内視鏡を用いて正確な早期診断に努めています。声帯ポリープや声帯結節などの良性疾患に対しては手術治療(喉頭微細手術)を行っています。癌など悪性を疑う例では、組織生検で確定診断を行いますが、状況に応じて治療は癌治療専門施設に紹介とさせていただいています。

    4.頸部疾患に対する診断治療

    甲状腺腫瘍、正中頸嚢胞、側頸嚢胞、頸部リンパ節腫脹、神経鞘腫、リンパ管腫、耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍など、さまざまな疾患に対し、超音波、CT、MRI、穿刺吸引細胞診を行い診断していきます。手術が必要な例では、摘出術を行っています。なお悪性リンパ腫を疑う例ではリンパ節生検を行い診断しています。

     

    主な診療実績

    [手術実績2019年度]
    手術件数202例(全身麻酔151例、局所麻酔51例)

    医師一覧

    医師名 山本 光 (やまもと ひかる)
    身分 助教
    専門分野 耳鼻咽喉科学全般
    専門医・認定医 日本耳鼻咽喉科学会専門医、耳鼻咽喉科専門研修指導医、身体障害者福祉法第15条指定医、難病指定医、めまい相談医
    医師名 槇 大輔 (まき だいすけ)
    身分 助教
    専門分野 耳鼻咽喉科全般
    専門医・認定医 日本耳鼻咽喉科学会専門医、耳鼻咽喉科専門研修指導医、癌治療認定医、頭頸部がん専門医、補聴器適合判定医、身体障害者福祉法15条指定医

    診療担当表

     
    午前 山本 光
    槇 大輔
    槇 大輔 槇 大輔 山本 光 山本 光 山本 光
    槇 大輔